スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

「かすかな希望の積み重ね」~村上隆さんが主催する"petit"GEISAI #15 を観て~

 3月11日の震災翌々日が開催日だったため、一度は中止となったGEISAI♯15。それが約半年の期間を置き、通常の4分の1の規模となって開催された"petit"GEISAI♯15。「若い芸術家にデヴューのチャンスを与える場」として始まったイベントが10年目を迎え、どのような状況を作り出しているのかを知るために会場を訪れた。GEISAI♯15画像
完成が迫るスカイツリーを望む浅草の都立産業貿易センター台東館で開催された"petit"GEISAI♯15。会場となる7階の、エレベーターの扉が開くと同時に聞こえてきた村上隆さんの声。マイクを通したその声に耳を傾けると、今回のGEISAIで初めて行われることになったポイントランキングについての説明がなされていた。

受付で渡された3つのGEISAIシールを使い、約200のブースの中から気に入ったアーティストにポイントを投票。そしてそのポイントは1位から最下位まで集計され、上位10名のアーティストには、中野にある村上さんのギャラリーで個展やグループ展が開催できるのだという。村上隆さん画像2

何だかAKB48の総選挙を思わせるシステムに、とりあえずはブースを観ることから始めようと、人が少ない会場奥のブースから回りだした。事前情報では、今回のGEISAIは29歳以下という年齢制限や、クオリティーを保つための事前審査が課せられたというだけあって、若くとも、何かしらの魅力を持った作品を展示したブース多かった。

平面作品から立体、写真、パフォーマンスからインスタレーション的なものまで、クオリティーのばらつきを含め、約200のブースを回る行為は、明確な評価基準を定めることの難しい現代アートの中にあっても、自分が何を評価し、何を評価しないかという自身の目を問われる刺激的なものだった。それは、ポイントランキングというシステムが導入されたことで、より強められ、村上さん曰く「ほとんどは作品を買わない人々」という来場者たちが、時間間際までブースを回り、投票パネルにシールを貼ったり、投票数の多い作品を見直しに行ったりという行動にも表れていた。G♯15画像2

そんな人々が投票したポイントが、来場したプロのギャラリストや美術誌編集長のポイントと同じ価値として扱われ、その上位発表が審査員賞の発表以上に盛り上がりを見せたことは、個々の人々が何かに積極的に関わりたいという意識が高まっている今の日本の状況を、アートイベントという場の中に取り込んだ形のように思え興味深かった。

昨年秋からのチュニジアやエジプトやで巻き起こった民主革命や、資本主義の中心地アメリカで広がりを見せるデモ。そして日本では震災ボランティアや反原発デモに象徴される、これまでの自身や社会のあり方を問い直す契機を含んだ動き。これらは行動の動機やそれぞれの方向性は違えど、何かしらの小さな力の結束が生み出す大きな流れが、これまで当たり前のように続いてきた制度や考えに変化を促す切っ掛けになっていくのかもしれない。原発あぶナスぎ!画像

今回、会場入り口横に張り出された出展者リストには、GEISAIの頭文字Gのマークの入った幾つものシールが、たぶん様々な人々の思いや気持ちの表れとして貼り付けられていた。そんな何かしらのポジティブさの表れとも言えるシールの数々を見ていると、そういう小さな希望や前向きな行為の積み重ねのようなものが、結果的に人々や自分自身を次のステージへと導いていく大きな力になりえるのかもしれないと思った。

"petit"GEISAI♯15の公式サイト
ウィキペディア GEISAI
ウィキペディア 村上隆

【関連記事】
「傷ついた街」展に観る3.11後の世界 写真家レオ・ルビンファイン講演を聴いて
「アートフェア東京批判」
「結局は作品強度」~アートフェア東京の今後について~
「世界標準とガラパゴス、なぜ今、韓国アートが強いのか?」~アート大阪2011を観て~
「90年代、日本の写真界を席捲したガーリーフォトブームとは何だったのか」~木村伊兵衛写真賞35周年記念展を観て考えたこと~
「いま、日本社会で何が起きているのか」~問い直しと自己決定の時代に~
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「かすかな希望の積み重ね」~村上隆さんが主催する
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。