スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

拡張現実としての萌え~『らき☆すた』聖地鷲宮神社を巡礼して~

 最近、若手批評家の福嶋亮大さんが提唱するハーフリアル(現実とネットなどの非現実が交じり合った時代性や状況)という観点から、地域アートフェスティバルや女性を中心としたパワースポットブーム、アニメーション関連の聖地巡礼について考えていた。3つとも「場」というリアルへの接近が共通点なだけに、様々な価値観が揺らぐ時代に、明治前後の伊勢巡礼(お陰参り)ブーム的な、より大きな物語を持つ現実への自己のつなぎとめではないかという仮説を立てていた。しかし、実際にアニメ的な「聖地巡礼」をして見えてきたものは、もっと奇妙かつポジティブな拡張現実という視点だった。鷲宮神社鳥居前1

村上隆さんのスタジオで開催されたワークショップに参加するために、埼玉の三芳という町を訪れることになった今回の東京滞在。初埼玉ということで、折角なら他にもどこか訪れようと、思い浮かんだアニメ『らき☆すた』の聖地巡礼。双子の主人公の父親が、宮司を務める鷹宮神社のモデルとなった鷲宮神社は、神社という「巡礼」に適した場所性や、熱狂的なファンの巡礼によって、たぶん最も知名度の高いアニメ聖地として知られている。特に今年は大晦日に主演声優が神社からテレビ中継を行ったこともあって、三が日の参拝客が47万人と、ちょっとあのスケールの神社では考えられない状況が起きていたという。

そんなこととはつゆ知らず、軽いノリで降り立った東武伊勢崎線鷲宮駅。特に『らき☆すた』が好きな訳ではないはずなのに、微かな胸の高鳴りを抑えることができなかった。早速、駅の階段を下り、駅前のロータリー的場所にあった雑貨屋を覗くと、そのガラス戸からすでに「萌え化」が始まっていた。築40年ほどの年季の入った駄菓子屋兼たばこ屋は、昔ながらの雰囲気を残す落ち着いた佇まい。しかし、店と外とを仕切る8枚ほどのガラス戸のには必ず『らき☆すた』をはじめとした萌え系少女のポスターが貼られており、それが醸し出す非日常的破壊力に思わず苦笑がこぼれてしまう。「染谷商店」外観2

折角なので内部も覗いて見ようと、ガラス戸を開け店内に入ると、昔風の陳列ケースに収められたお菓子類と共に、『らき☆すた』みやげ「ツンダレソース」といったいかにもな商品が置かれている。他にも店内の棚や天井周辺にも、様々な冊子やイラストといった形で、萌え的侵食は終了済みだった。クラクラする頭を何とか正常に保ちながら、店にいた60代位のご主人に、「お正月も聖地巡礼とかで人が来ましたか」と尋ねると、そういった対応に慣れた感じで、「結構来ましたね。今年は元旦の夜中に声優さんが来たし、三が日の天気も良かったから」とにこやかに応えてくれた。

駅とほぼ同時期に開業したという「染谷商店」の歴史も教えてくれたご主人は、これまでの経緯を、「5、6年前までは年配のじいちゃん、ばあちゃんばかりだったのが、アニメの登場で、最初は30代ぐらいの『らき☆すた』ファンが多くなって、この1、2年はカップルでやって来る。年齢も若くなって、大学生はもちろん高校生まで来るようになった」と説明。元旦の状況についても、「昔は行ってすぐ初参りできたが、2、3年前からは時間の見当がつかなくなった。拝殿からの行列が道路の先までつながって、4、5時間待っているのが普通になった」と教えてくれた。鷲宮神社鳥居前

切り抜いた新聞による話では、2007年に15万人だった三が日の参拝客が、2008年には30万人と倍増。「去年はちょっと少なかったかな」という数字が今年より2万人少ない45万人。今では大宮の氷川神社に次ぐ埼玉県で2番目に初詣客が訪れる場所として賑わいを見せている。「アニメもマンガも区別がつかなくて見ていない」というご主人から見た「聖地巡礼」をする人々は、「やさしい、親切な人が多い」とのこと。「ゴミくずを捨てないし、汚さないから。紙くずなんか持って来るからね。じゃあウチに置いといていいよって言ったりする」という人々らしい。

中でも、「いつも朝食代わりに菓子類を買いに来てた人」として印象に残る「もてぎくん」という人物は、テレビのドキュメンタリー「オタクと町が萌えた夏」という番組で有名になった人らしい。「原作者より上手いんじゃないか」という痛絵馬(アニメキャラクターを描いた絵馬)を巡礼記念に奉納し、1000枚奉納を今も目指しているという青年の第一印象は、「暗い感じに見えた」。しかし、奉納を重ねていく内に「だんだん友達も出来てきて、顔も明るくなってきた。上海万博に自分が絵を描いた『らき☆すた』神輿が行く時には、みんなのカンパで一緒に行くことができた」という「ご利益」もあったらしい。「染谷商店」店内画像3

「他にもいい話がいっぱいある。神社の取り持つ縁じゃねぇか」と誇らしげに語ったご主人の頭上には、「地元新聞社に務める息子の友人」が、原作者に描いてもらったサイン入りのイラストが飾られており、神社と共に『らき☆すた』という作品が、少なくとも商売に関連したこのお店にとっては、特別な存在になっているようだった。懐かしいキャラメルやチョコレートを購入し、お礼と共に店を出た時には、すでに30分以上過ぎていた。しかし急ぐ旅でもないので、冷たい風の吹く町を買ったばかりのキャラメルを舐めながら歩いていった。

駅前から徒歩5分程度で着いた鷲宮神社は、アニメのオープニングシーンで使われた風景が現実にあるというだけで、特にこれといった感慨もなかった。作品や登場人物に強い思い入れがある訳でもないし、関東最古の大社と言われても、境内を散策し、拝殿に参拝してしまえば、他にすることもない。かなりの数奉納されていた痛絵馬を写真に収め、参道に書かれていた神社の由緒を読み終えた頃には、大晦日以来営業しているであろう出店の人々が、お昼の参拝客を見込んで動き始めていた。平日の午前中ということで、少なかった参拝客の中には、2、3人の「巡礼者」を見かけたが、あとは中学のサッカー部員らしき5、6人の少年たちが、互いに冷やかしながら痛絵馬を覗き込んでいた。痛絵馬画像1

境内を後にして、以前は門前町として栄えていたであろう寂れた通りを歩いていると、ここにもさっきの「染谷商店」と同じように店頭に萌え系ポスターを貼った店があちこち見かけられた。中には靴屋なのになぜか「ツンダレソース」を売っている店や、上海にも行ったという『らき☆すた』神輿が店頭に鎮座しているフォトショップがあったりと、この場所自体が日常から少し浮き上がった空間として、また「侘び、寂び、萌え」を地でいく場所として独自の存在感を示していた。それはちょうど昨年訪れた『見っけ!このはな』という地域アートイベントで感じた「異界化」と同じように、強い熱量を持つ何ものかを、固着した現実に融合させることで、より広いものの見方や、固定観念に囚われない発想を生み出ことを可能にしているように思えた。

今回、聖地巡礼をきっかけにした「萌えおこし」の現場を歩いて感じたことは、アートだけでなく、ある人々の強い思いが凝縮した存在が生み出す熱量の可能性だった。去年一年間、「オタク」や「萌え」といったものをリサーチした中で、まだこれといった答えは見つかっていないけれど、「萌え」という存在が生み出すある種の熱量が、現実を拡張し、それによって広がった空間に一風変わった風をもたらしてくれることは、鷲宮神社の幾つもの「ご利益」と共に確かなことのように思えた。

ウィキペディア 『らき☆すた』
ウィキペディア 鷲宮神社
鷲宮神社ホームページ
ウィキペディア 巡礼(通俗)
ウィキペディア パワースポット
YouTube 「オタクと町が萌えた夏」 らき☆すた 聖地巡礼 Part1/5
ウィキペディア 痛絵馬
ウィキペディア 萌えおこし
アマゾン 『らき☆すた』 ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]

【関連記事】
模索するアートの現場、または世界と繋がる感性
「自分にとっての物語」~福嶋亮大さんが参加した「ネット社会の物語と『観客』」というトークを聴いて~
「訪問!カイカイキキ 三芳スタジオ」~村上隆さんとpixivが主催したワークショップに参加して~
「スーパーフラット(super flat)の意味」~では村上隆さんの何が凄いのか2~
「0000(オーフォー)とはアート界の Perfume(パフューム)かもしれない」~12月28日の「0000とは何か?」Ustを観て~
「更新されゆくリアリティー」~鈴木謙介さんが参加した京大11月祭公開討論「いま、大学で<学問>することの意味」を聴いて~
ニコニコ生放送「村上隆の芸術闘争論2」における森川嘉一郎さんの実力
「実は、民主主義の根幹」~東京都青少年健全育成条例改正案可決が突きつけるもの~
「なぜ青木美歌さんはBIWAKOビエンナーレであれほどの作品を創れたのか」
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
「場所の精霊に尋ねよ」~地域アートフェスティバルの先駆者、芹沢高志さんの講義を聴いて~
「自分を超える作品を!」~森村泰昌さん徹底討論「清聴せよ!成長せよ!」を聴いて~
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 拡張現実としての萌え~『らき☆すた』聖地鷲宮神社を巡礼して~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。