スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

「多彩なアートのオモチャ箱」~art Dive(アートダイブ)♯03京都アートフェスタ(11月13、14日開催)を巡って~

 紅葉の季節が近づき、市内の大通りは軒並み渋滞が発生している京都。夏の京都芸術、わくわく京都以来、アートシーンの一部にこもっていた熱量が様々なイベントや作家個人に波及しているように思えるこの頃。また一つその熱量を感じさせてくれるイベントが昨日、今日(11月13、14日)と左京区岡崎にあるみやこメッセで開催されている。5月に行われた前回も、かなり凄かったこのイベントだが、今回は絵画作品を中心にその凄さがもう一段レベルアップしたような迫力があった。アートダイブ#03画像1

前回はライブペインティングのCHIAKI(チアキ(小原千明))さんなど、圧倒的なエネルギーを持つアーティストを中心に独特の面白さを感じさせていたこのイベント。今回はそのエネルギーが作品内部に凝縮し、向かい合えば向かい合うほど面白みを感じさせる作品が多く、その多彩さに驚かされた。『SHAKE ART!』ブースの田村灯(あかり)さんなどファインアート的アプローチの作品はもちろんのこと、デジタル技術を駆使した色彩と、浮揚感の溢れる少女たちで独自の世界を築いた久保いさこさんの作品は、高い吸引力で見る者を引きつける力があった。久保いさこさん『夏の魔法』画像

「かけだしのイラストレーター」と自称するマジマエリさんの最新作『海(仮題)』は、その他の似顔絵的作品とは異なる匿名性の高い少女のキャラクターが、光に満ちた砂浜に飛び出した圧倒的な幸福感を表現したもので、記号表現で表されたまばゆい夏の一瞬が鮮明に切り取られた秀作だった。前回も出展されていたことを後になって気づいた和iケイ子さんの『思春期妊婦』という作品は、「実際には大人だが、気持ちは子供」という自分の内面世界にいる「思春期の少女」を描いた作品で、焦点の定まらない不思議な視線や、黒に紫を重ねた背景が作家の内面の奥行きを感じさせた。『夏(仮題)』作品画像

今回の展示の中で最も感銘を受けたモリシタナオコさんの最新作『モリシタナオコ20101104-1112』は、前回のアートダイブでも優れていると評判だった『Untitled(無題)』の匿名性とは異なり、固有性を全面に押し出した作品。「急遽出展が決まり一週間で描いた」という大画面の自画像は、なぜか不思議な迫力を持って迫ってくる。ブース内にいた作者にその理由を尋ねると、「作品に近づいてみてください」と促され、首をかしげて近寄ってみた。すると、作品はまるで写経のように無数の文字で構成されており、「7日間の人には言えないことも含めたリアルな自分のつぶやきで描いた」という手法で描かれたものだった。

「昨日書き上げたこの作品には今の私とは違う古い私が定着している」という自画像は、まさに昨日までの作者のリアルが凝縮されているだけでなく、twitterなどのつぶやきが累積していくことで見えてくる今を生きる若者の人格の一側面が絵画化されているという極めて時代性にリンクした作品だった。匿名性を持つ連続画の個展を4月に行うという作者は、「匿名性のシリーズだけでなくこのシリーズも面白そうなので挑戦していきたい」と新たな展開を期待させた。モリシタナオコ作品画像1

この他にも、擬人化した猫や神秘的な女性を北欧風のタッチで描いたRyucaさんや、ペーパーマスコット制作の幸(ゆき)さん。過去の心象風景を抽象画的に表現したくろやなぎみきさんの花火の作品など、作者に問いながらその作品を深く理解してみたいと思わせるものが多かった。過去2回、アートダイブを経験した中で、このイベントの最も優れた点は、多くの作品を前にして作者と直接対話をしながら作品についての理解を深めていけることだと思う。そして時に、その対話を経た後に見える風景は、過去の自分よりも多様な価値観を受け入れられる、豊かで広がりのあるものだったりする。

アートダイブのホームページ
アートダイブのtwitter
久保いさこさんの作品が観れるloft workのページ
マジマエリさんのサイト
和iケイ子さんのサイト
モリシタナオコさんの作品が観れるpixivのページ
モリシタナオコさんのtwitter
Ryucaさんの作品が観れるloft workのページ
Ryucaさんのウェブサイト

【関連記事】
「自分を超える作品を!」~森村泰昌さん徹底討論「清聴せよ!成長せよ!」を聴いて~
楽しすぎ!「見っけ!このはな2010」~大阪で開催の2日間限定アートイベントを巡って~
「極めて優れたビエンナーレ」~BIWAKOビエンナーレ2010を巡って~
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「果たして名古屋は熱いのか」~あいちトリエンナーレ2010を巡って・前編~
「なぜ村上隆さんは批判されるのか?」~ニコニコ生放送・村上隆 ベルサイユ宮殿より生中継を見て考える~
「自分だけの答え」~京都造形芸術大学・大瓜生山祭、椿昇さんが参加したトークショーを聴いて~
「新たなリアル」~今、アートと社会の中で何が起きているのか~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「多彩なアートのオモチャ箱」~art Dive(アートダイブ)♯03京都アートフェスタ(11月13、14日開催)を巡って~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。