スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

「圧倒的な廃墟感」~瀬戸内国際芸術祭2010「犬島・精錬所」を巡って~

 8月上旬に訪れた瀬戸内国際芸術祭で最も衝撃を受け、未だにその印象が残り続けている「犬島・精錬所」。そのアトラクション的な建物や展示には全く感銘を受けなかったが、その奥に広がる丘陵地を巡る中で感じた「圧倒的な廃墟感」は今でも心に残り続けている。すぐに言葉にしたいと思いながら、なかなか言葉にできず、1ヶ月以上が過ぎてしまったこの「廃墟感」について、できる限り多くの人に伝わる形で説明したいと思う。犬島画像1

直島から小型船で一時間、往復3600円もする犬島には、当初は全く行く予定もなかった。直島のインフォメーションセンターで仕入れた情報では、「直島に次いで訪れる人が多い島のようです」と聞きながら、その「遠さ」がネックになってもう一つ乗る気になれなかった犬島巡り。そんな気持ちを変えてくれ「絶対に行くべきだ。行かなきゃここまで来た意味がない」とまで言ってくれたのが直島で出会ったアート好きの人々。朝一番の船に乗り、半信半疑のまま巡り始めた「精錬所の建造物」は特に凄いものでもなかった。

三分一博志さんという方の「精錬所」の遺構を活用したミラーハウスのような建造物。その中の幾つかの部屋をインスタレーション化した柳幸典さんの作品。もしこれが、「絶対に行くべき」ものだとしたら、かなり失敗かもと思いながら、そのまま出口に到着。仕方なくその先にあったロープで仕切られ、ある程度整備された赤茶けた道を歩き出すと、胸の中に、これまで感じたことの無い大きな「心の空洞」が広がっていくのが感じられた。精錬所画像3

その「空洞」が一体なぜ感じられるのかは階段の多い丘陵地を歩く中で見えてくる、幾つもの精錬の煙突の残骸や、荒れた道の周辺に散らばった古いレンガの集積が作り出す「廃墟感」が原因なのだろうと理解できた。しかし一体なぜ、これほどの「廃墟感」が、こんな瀬戸内海の離れ小島の中で体験できるのかが理解できなかった。照りつける夏の日差しは荒涼とした島に生きる植物の緑や、瀬戸内の穏やかな海の青さを輝かせ、周辺に点在する「廃墟」との対比がより一層「心の空洞」を意識させた。

そこに積み重ねられた時間と歴史、今は消えてしまった無名の人々の営みが作り出したこの場の持つそれらの集積を、果たしてアートと言えるのか?それ以上にたぶんこの場所を歩く自分以外の人間も感じているであろうこの「圧倒的な廃墟感」の奥に潜むものは何なのか?そういった様々な疑問を抱きながら歩く丘陵地は、最奥にある巨大な建物の残骸をハイライトとして少しずつ日常感を取り戻していった。しかしまるで潮が引いていくようにして消えていったその「圧倒的な廃墟感」の残滓のような存在は、今も胸の奥にはっきりと残り続けている。精錬所画像2

「心の空洞」という衝撃を受けた後に巡った犬島「家プロジェクト」は、そのインパクトに打たれた状態では、通り過ぎていく風景のようにしか思えず、ある個人が作った作品という存在の小ささについてだけが印象に残るものとなった。喉の渇きに島で唯一の雑貨屋の店先でビールを飲みながら、島巡りをしていた人々に「『あの廃墟感』は何だったのでしょう?」と問いかけても、正確な答えを述べる人は誰もいなかった。

島巡りをしていた若いアーティストの青年が言った、「夕日の沈む景色の中であの風景をもう一度観てみたい」という言葉が今も印象に残っている。この島の精錬所が稼動し始めたほぼ100年前、活気に満ちていたであろう船着場周辺には、今では色褪せた木造の民家がひっそりと並んでおり、そんな集落の路地をガイドブックを手にした現代アート巡りをする人々が行き交っている。アンコールワット周辺画像

世界の幾つかの国を旅した中で味わえたその場にしか存在しない独特の空気感。アンコールワット周辺の「時間軸から取り残されてしまったような古い時の流れ」。ベトナムの旧交易都市・ホイアンで味わった「幾つもの都市の過去が混じりあったようなゆるやかでどこか懐かしいアジア的な感覚」。そして10年という短い期間に発展と衰退を経験し、今では時間の侵食によってその意味性までも消え去り、ただそこにあるものへと存在を変えていこうとしているものたち。

そんなものたちの中に含まれた人工的エネルギーと、打ち捨てられた存在として以後確実にその存在を支配してきた崩壊因子のせめぎ合いの強さが、この「圧倒的な廃墟感」を生み出しているのだと思う。それは人間という存在よりももっと大きな力が、人の営みに作用する摂理であるからこそ、「心に空洞」を感じさせ、忘れがたい印象いつまでも残すのだと思う。

ウィキペディア 犬島
瀬戸内国際芸術祭2010ウェブサイト
瀬戸内国際芸術祭twitter
ウィキペディア 瀬戸内国際芸術祭
ウィキペディア 精錬
ウィキペディア 柳幸典
ウィキペディア アンコール遺跡
ウィキペディア ホイアン

【関連記事】
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「果たして名古屋は熱いのか」~あいちトリエンナーレ2010を巡って・前編~
「なぜ村上隆さんは批判されるのか?」~ニコニコ生放送・村上隆 ベルサイユ宮殿より生中継を見て考える~
「新たなリアル」~今、アートと社会の中で何が起きているのか~
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
今なぜ日本画Ustなのか
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~
ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「圧倒的な廃墟感」~瀬戸内国際芸術祭2010「犬島・精錬所」を巡って~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

もう少し調べてから書きましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。