スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~

 京都のアートシーンは熱い!そう思い出したのはいつ頃からだろう。そう、5月の連休中に開催された京都造形大の『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』というイベントの時だった。今ではアートバトルロワイアル(ABR)Ustなどで知名度を上げた0000(オーフォー)ギャラリー、初めて出会った時の衝撃が今も残っている遠藤一郎さん、その他にも多くの京都関連アーティストたちとの出会いがあったそのイベント。そしてその時、「8月にはさらに京都が盛り上がりますよ」と0000の緑川さんが自信をもって言った「京都芸術」と「わくわくKYOTO」が開催されるその月が、名和晃平さんのスタジオ「「SANDWICH」で、京都藝術オープニングイベントと共に幕を挙げた。京都芸術

以前から気になっていた名和さんの「SANDWICH」スタジオが開催場所ということで、ぜひ行きたいイベントとしてチェックしていたが、当日は京都国際マンガミュージアムで行われた村田蓮爾さんのイベント取材(後日掲載)のため、開始時間の19時から大幅に遅れた21時に会場到着。すでに主だったイベントは終わり、まったりとした空気が漂っていた会場だったが、そこから次々と登場してきたボスキャラ級の人々との出会いが始まった。

昼食以降、食事をする暇もなかっただけに、とりあえずテーブルに置かれた食べ物を食べ始めると、すぐ横に自分と同じようにして食べ物を口に運ぶ男性がいた。互いに話す相手もなかったために、「いまさっきやって来たんですけど、今日はどんなことをやってたんですが?」と話しかけると、その方は「実は自分もさっき来たばっかりで…」と困惑した笑顔を見せた。「ではどこでこのイベントをお知りになったんですか?」と再び尋ねてみると、その方は「仔羊同好会の方に紹介していただいて」とこのイベントの主催団体の一つの名前を挙げられた。wakuwaku

その時はその団体について詳しくは聞かなかったが、仔羊の料理があるということを教えてもらい、その「赤い煮込み料理」を食べながら話を続けた。どうやらその方は、それほどアート界隈に興味があるという訳でもないようだが、話すことや尋ねることが一々具体的かつ焦点が絞れていて面白い。ついつい夢中になって話していると、「じゃあ折角だから仔羊同好会の会長を紹介しますよ」ということになって一人の女性の前に連れていかれた。

外国パーティー風の紹介というものに気後れを感じながら紹介された「会長」は、まだ20代の神戸在住の女性で、後で名刺を確認してみると、幾つかの会社や団体を運営している人らしい。見た目は神戸のお嬢様学校に通っていそうな派手目な人であり、ノリはラテン系のようで、相手に対する距離感が異常に近い。個人的にはそういうノリも嫌いじゃないので話を始めると、この秋には「神戸芸術振興姉妹∞」というイベントを準備しているのだという。仔羊同好会

「今日はそのために色々な方を紹介してもらったし、ぜひ神戸もアートで盛り上げたい」というその人の言葉で、大阪や神戸といった関西の視点でアートを盛り上げるという考えも必要なことに気づかされた。「京都の勢いを神戸でも広めていきたいし、仔羊同好会というのは宗教も関係なく誰もが食べられる羊というものを通して宗教とか国とかを越えた人々の交流を目指している。だからアートもそれと一緒」とそれまで意味の分からなかったなぜ「仔羊同好会」とアートなのかという説明を簡潔にして他の人々の輪の中へと去っていった。

一緒に話を聞いていた「会長」を紹介してくれた男性は、「じゃあ他の方も紹介しますよ」という感じで、次は「仔羊同好会」の監査や幹部といった人々や、カーボン素材の会社経営者の方などが集った輪の中に向かって行き、ならばこちらもついて行きましょうという感じで、これまで決して出会うことのなかった人々と共にアートのこれからについてや、今なぜこのような熱いエネルギーがアート界隈に満ちているかについてお互いの意見を交換することになった。0000

すでにイベント終了時刻の21時半を過ぎ、後片付けに入りだした室内に残って話を続けながら、たとえ2時間遅れてて来たとしても、今日この場所に来て、京都や関西のアートシーンを動かそうとしている人々と熱のこもった話ができたことは本当に良かったと思うことができた。人々が解散し、主催者側として2階のテラスに設置された喫煙所の後片付けをしていた緑川さんに「遅くなったけど、来て良かったですよ」と告げると、「でしょ。色んな人と話してたみたいだし良かったですね」との返答が帰ってきた。さらに「この流れを関西や日本に、そして世界につなげていきたいですね」と告げると、「もちろんでしょ」と振り向きながら笑顔を見せた。

本来、こういった文章はここでまとめに入って終わりにするのが定石なのだが、緑川さんと別れた後、1階の名和さんの作品など無造作に置かれた入口付近でラスボス(最後のボス)との出会いが待っていた。誰かが作ってきた仔羊のかぶりものをつけたその男性は、なんだかとても屈託なく、きっと育ちの良さからくるのであろう大らかな茶目っ気を周囲に振りまいている。知人のアーティストが話をしていたので良く分からないまま近寄っていくと、その男性がこの「SANDWICH」スタジオを運営している名和晃平さんだった。名和晃平

作品についての知識はあっても、作者については全く知識がなく、年齢も会田誠さんぐらいだと思い込んでいただけに、こんな若い人だとは夢にも思わなかった。自分が教える学生に「存在自体がパフォーマンスだから」などとふざけている様子は肩の力も抜けてて、いかにもリラックスした感じ。それに作品自体にも表れたスタイリッシュさも感じられ、はっきり言ってちょっと住む世界が違うのかもと思ってしまった。

しかし折角の機会なので、スタイリッシュさも洗練もない露骨な感じで、「なぜ今アートシーンが熱いのか」と尋ねると、「ネットワークが作り易くなったことが大きい。これまではエネルギーがあっても個人で断絶してつながらなかった」と極めて簡略な答えが返ってきた。そこで「ではこの流れをどうしていかれたいですか」と突っ込むと、「何も考えてない。面白かったらいいかな。自分は自分の仕事のためにやってることで、それが若い世代の流れにつながればベターだが、自分の仕事があってというのがないと僕自身続かない。あとこうしたいと思うことを行動で示すこと、やっていくことが大事」と回答し、それ以上は十分といった感じで会話は終了した。

昨夜のその出来事から、この文章を書いている今まで、ボスキャラ級の人々との出会いについて思い返す中で、やはり一番印象に残っているのは、ラスボスである名和晃平さんとの出会いだった。ほぼ同世代と言ってよい年齢を重ねながら、こうも違った立ち位置にあって、自分にとっての居心地の良い世界を構築してきた名和さんを見ていると、自分がいかに非効率で不器用な一兵卒にすぎないのかということを思い知らされた。しかし、できることならこの8月、「京都の熱いアートシーン」の姿を一兵卒の視点から見通していく中で、何かの真実を、そして今という時代のリアリティーを見極めていきたいと思う。

京都芸術ウェブサイト
京都芸術twitter
わくわくKYOTOウェブサイト
わくわくKYOTU twitter
0000(オーフォー)ギャラリーウェブサイト
0000ギャラリーtwitter
名和晃平さんのウェブサイト プロフィール
仔羊同好会ブログ

【関連記事】
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「お楽しみ箱としての『家プロジェクト』」~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その2
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。