スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~

 芸術家としては『宇宙の缶詰』、作家としては『老人力』などで知られる赤瀬川原平さんの著書に出てくる人とは知っていたが、最近まで建築というものに全く興味がなく、関心の対象外だった建築家・藤森照信さん。近頃はネット上のアーキテクチャという言葉から興味を覚え、様々な環境が人々の生活や行動様式まで規定してしまうという意味で、建築の重要性を考えだした中で知ったこの講演会。専門的で退屈な話だったら嫌だなと思いながら聴きはじめた講演は、藤森さんの人柄が滲み出たユニークで味わい深いものだった。生存のエシックス

京都国立近代美術館で8月22日まで開催中の『生存のエシックス』展という展覧会の関連イベントとして行われたこの講演だが、正直、「エシックス」(倫理、道徳)なんて一般化されてない言葉をタイトルにつけた展示には、何か小難しそうな印象を持ってしまい足を運ばなかった。だから講演以外のことは全く分からないけれど、講演は終了後、参加者たちの「面白かったよね」というささやきがあちこちで聞こえてくるほどに良いものだった。

「土と建築」という地味でパッとしないタイトルなにの、始まる前には定員の200名を上回る人々が開演を待っていた。来場者は年齢や男女構成もバラバラで、しかしどこか建築や美術といった匂いを感じさせる物静かで個性的な人が多かったように思う。そんな人々の前に現れた藤森照信さんは、あまりにも普通に居そうな雰囲気の人で、きっとマイクの前に立たなければこの人が著名な建築家とは分からなかったと思う。京都国立近代美術館

それに始まった話も、最近ネット界隈の論者たちの早口で濃密な講演とは違い、大らかでのんびりとした展開。始まった時は、「こりゃ大丈夫かな?」と思っていたが、牛が草を反芻するようなじっくりと味わい深い語り口調が次第に心地よくなると、そこはかとないユーモアのセンスと相まって最後の最後まで聴衆の知的好奇心をそそる講演を繰り広げていった。

一見何の脈絡もないようなアフリカのマリ共和国にある「泥のモスク」から話は始まり、何度となく、「建築家として日本人で一番にそこに行きたかった」と悔やみながら話すアフリカ話には、未知の文化に対する純粋な好奇心と個人的な感動が入り混じった人間味に溢れた体験談で、聴いているこちらまで楽しい気分になってくる。それだけでなく「工業製品は結局、5、60年だからダメですね」とか、「循環性を考えると土は究極の建築材料」といったふとした言葉にハッとさせられるものが多く、メモを取る手は休む暇もなかった。泥のモスク

「45歳までは建築を手掛けたことはなく、考えるのが専門だった」というだけに、「泥のモスク」の床から壁が立ち上がる姿を見て、「泥の建築には目地(継ぎ目)がない。それは茶碗や泥で作られたもの全てに共通する性質で、これほど大きなものを見ないと気づかない。そして実は生物にも目地がない。生物に継ぎ目がないというのは1つの細胞からできているからであり、人工物には目地がある。泥は生物と人工物の中間にあり、今や私にとって別格のものとなっている」と土の独自性を強調。

さらに、「いいかげんなんだけど、核心を掘り下げていくことには真剣」という藤森さんは、自身の処女作となる長野県の『神長官守矢史料館』の建築で、「現代の建築の何にも似てはならない、あと歴史的な様式のどの様式にも似てない」という課題を自らに課し建物を設計。「何にも似てないようにつくったので村の人たちにはえらく不評で、今でも村人は一切理解していない」という史料館は、一部の建築家や赤瀬川さんをはじめとする周囲の友人から、「よく分からないが面白いからやれ」と言われて建築家としての道も歩むことになった。藤森建築1

以来、まだ知らなかったアフリカ建築などを全く意識することなく土を使った建築を通し、土の持つ「人の意識を吸収する魔力がある」という性質や、「何の印象も残さないし、与えない」という特徴に気づきながら建築に関わってきたと自身の作品をスライドで示しながら解説。そして「これは何か根本に深く関係していることで、土とはそういう不思議な性格を持ったものだ」という「何か」を残して講演を終了。まだ分からないことは分からないままで終えた講演にはちょっと驚いたが、藤森さんの飾らない人柄が表れているようで好感が持てた。

聴衆からの「ユニークな建築はユニークな人柄から生まれているように思います。そのユニークな人柄はどのようにして形づくられたのですか?」という質問には、「これでも日本の建築史の大家なんで…」と笑いながら、「子供の頃の経験が大きかった気がする。あと設計を始めたのが45ぐらいで、現代建築から離れてやってきたのが大きい。自分のやっていることはよく分からないが、関心を持ってくれる割に追従者がいない変な存在」と自身を客観視したコメントを述べた。藤森建築2

午後8時の閉館アナウンスが流れる中、ほぼ2時間の講演は一人の途中退場者も出ないほどの独特の面白みを感じさせながら聴衆を魅了し続けた。それはまるで何の変哲もない古びた朝鮮茶碗の中に美や「おかしみ」を感じる茶道の世界のように、ありふれたものがありふれたものでなくなっていく不思議な味わいを持った講演会だった。
(先日、講演のほぼ全文がART iTというサイトに掲載されましたのでリンクを張っておきます)

ウィキペディア 藤森照信
ウィキペディア 赤瀬川原平
関心空間 宇宙の缶詰
ウィキペディア アーキテクチャ
ウィキペディア 泥のモスク

【関連記事】
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「お楽しみ箱としての『家プロジェクト』」~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その2
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。