スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~

 今、東京へ向かう電車の中でこの文章を書いている。そして今日参加したシンポジウム「関西におけるメディア芸術の想像力」のことを思い返している。どうしても行きたいイベントではなかっただけに、半信半疑で訪れた会場。薄暗い地下の会場は予想以上に狭く、運営スタッフを含めても40人以下というイベントには、ちょっと不思議な空気が漂っていた。メディア芸術大阪

席に座ると同時に始まりだしたCGカップ日仏親善大会(短編CGアニメの日仏対抗戦)の映像は昨年9月、京都で開催された大会のリバイバル放映。そのくせ妙に臨場感を出そうとする演出は、はっきり言ってどうかと思った。(台本どうりの予定調和とライブ的演出が入り混じった奇妙な感じ)しかしそこで上映された短編CGの幾つかには、かなりの良作が含まれていた。(後日紹介)

その上映が終わり、一応メインイベントとして始まった今回のシンポジウム。ヤノベケンジさん、村上知彦さん、原久子さんというパネリストの方々は、名前は知っていても、この人がパネリストだからどうしても行かなきゃという人々ではなかった。特に芸術関連の講演で訪れることの多い京都造形大学で指導教授をなさっているヤノベケンジさんは、大学に展示されていた巨大な金属製の赤ちゃん風ロボット(ジャイアント・トらやん)に何の良さも感じていなかっただけに全く期待していなかった。ジャイアント・トらやん

しかし、今回のシンポジウムで最も感銘を受けたのはヤノベさんのレクチャーであり、その発言だった。それは偏見や先入観にとらわれることが、いかに自分の視野を狭めるものなのかを再確認させてくれるほどのもので、そのような気持ちにさせてくれたヤノベケンジさんというアーティストの活動は、今後しっかり注目していきたいと思う。このように自分の中の先入観を完全に打ち砕く力を持ったヤノベさんのレクチャーを中心に、このイベントについて報告したい。

レクチャー前の先入観を大まかに言ってみれば、子供っぽい現代美術作家が「ウルトラファクトリー」という名称の制作現場で学生たちをこき使い、自分の制作を行っているのだろうというものだった。それだけにレクチャー開始当初は斜(はす)に構えて聞いていた。しかし、自らが少年時代に見た廃墟となった大阪万博の会場跡地の原風景。その記憶があり続けるからこそ、「だから新しい未来を自分の手で創るんだ」という制作動機への言及。さらにはある意味、黒歴史のはずの高校時代の仮面ライダーやバルタン星人のコスプレ写真を晒しながら進めていくレクチャーは、とても真摯で好感が持てた。ヤノベレクチャー

そして去年、当初は90億の予算がついていた「水都大阪」というイベントは、財政再建を公約に掲げる橋本知事就任により当初の10分の1の9億円に減額。多くのアート関係者が混乱と失望によりプロジェクトから離脱していく中、「アートというものを凄く信頼してて、もしこれで『水都大阪』が失敗したら、結局アートはそういうものだと思われる。だから命懸けで関わらなければならない」と誰よりも深くこのイベントに関わる決意をした。

全国に散らばる自身の作品を大阪に集め、公共スペースをはじめとした様々な場所に展示。「都市をアートで埋め尽くす」という大プロジェクトを展開した。中でも大阪の道頓堀はじめとした水辺を回遊し、「アートに興味のない人々をも巻き込んだ」《ラッキードラゴン》プロジェクトは、制作から運行まで多くの人々の思いを一つにする大きな流れを生み出した。その流れは「水都大阪」にそれほど期待していなかったであろう橋本知事をも動かし、アートの力で大阪を活気づけた功績に対し、「大阪文化賞」が送られることになった。ラッキードラゴン

「そのような多くの人々を巻き込んだムーブメントをいかにして生み出せたのか?」。個人的には聞きたいことはその一点に絞られていた。しかし、レクチャー後のパネラーたちの論議では、司会者の進行下手が大きな足かせとなり、話は一向に核心へと向かわなかった。40分ほどの不完全燃焼な論議が行われた後、設けられた会場への質問の時間、誰も質問しないことを確認してから手を挙げた。「自分は正直な人間だから本当のことを言わせてもらいますけど」と前置きして始めた質問はある意味感情的過ぎたのかもしれない。

しかし、「ゼロ年代」という閉塞感や不毛さで溢れた10年を作り出したものは結局、「つまらないものはつまらないと言い、そんなものたちには速やかに退場してもらう」ということをして来なかったこの国にありようにあると思っているので、正直に「司会者が論議の芽を摘み取っていたこと」、「もっと聞かなきゃいけないことがあったのでは」という批判を口にしてから質問に入った。メディア芸術フォーラム大阪2

「『ゼロ年代』という不毛さばかりを感じたような10年が終わった『ポストゼロ年代』にいかにしてムーブメントを作っていけばよいでしょうか」という質問に対し、ヤノベさんは、こちらの職業を確認した後に、「フォースを身につけることです」と手短に回答した。そして笑顔で「冗談ではなく、フォースを身につけ、天真爛漫にやっていくことが重要。あと多くの人たちがこの世にあって欲しいというものを創っていくことも重要。『水都大阪』にはそれがあったし、この世の中に創らされているというような感じがあった」と付け加えた。

その意見に関し、パネラーの一人でありアートプロデューサーの原久子さんは、「論議が起こることはいい事。私自身、常にその状況の中で楽しいことを見つけて、面白がって追っかけまわしていました。面白いと思うことをしていくことが大事で、ブログとかtwitterとか最近の美術雑誌でも表層を切り取るだけでなく、議論が起こってみんなが語り合える状況を自分たちで作ることが大事かなと思っています」と「ゼロ年代」の閉塞感を突破するためのヒントを提示した。

個人的には、そこからさらに突っ込んで「ではどのようにすればフォースは身につくのか?」とか、「論議を生み出す場を作ることがこれまで上手くできて来なかった理由は何か?」といった点を聞いてみたかったが、限られた時間ではそれはできななった。しかしヤノベさんや原さんのように若い人々の可能性を育てながら、アートで何かを変えていこうとする人々が、関西にも確実にいることを実感できただけでも、何よりも貴重なシンポジウムだった。
(この文章は7月24日の夜に書いた文章に加筆したものです)

ウィキペディア ヤノベケンジ
ウィキペディア 原久子
メディア芸術フォーラム大阪-関西の創造力の詳細紹介ページ

【関連記事】
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
関連エントリー
関連エントリー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。