スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

凄い京都10 草庵茶室『松花堂』

 三千家の室を除く、京都周辺の室を見てきた中で最も印象に残った室。淀川の対岸にある利休作『妙喜庵』とは別の意味で一つの極みにたどり着いた建築。
松花堂京都と大阪の境目にある八幡市は、男山にある石清水八幡宮や神応寺、秦勝寺、流れ橋など隠れたみどころを持つ地域。中でも飛び抜けて素晴らしいのが松花堂庭園内にある草庵室『松花堂』。

江戸時代初期の僧侶であり、書、絵画、道に優れた才能を発揮した松花堂昭乗が晩年に築いた草堂がこの室。畳二畳の空間に茶室、住居、持仏堂を兼ね備えた建物は一切の無駄を省いた究極の世界。松花堂という人物の洗練された美意識を実感できる。

また茶室が移築されている庭園には、他にも遠州、宗旦の茶室を再現した建物が建てられており、それぞれの茶室の特徴を味わえるのも面白い。「寛永の三筆」として知られながら、現在は松花堂弁当に名前を残す以外、多くの人は知ることのない松花堂昭乗。しかしその美意識はこの茶室にしっかりと刻み込まれている。

(ちなみに八幡の寺院のほとんどが特別公開日のみの拝観か事前連絡が必要)
ウィキペディア 松花堂昭乗
松花堂庭園・美術館ホームページ
八幡市観光協会ホームページ 仏閣等

 【関連記事】
凄い京都13  『桂離宮と修学院』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』
凄い京都15 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都8 『法金剛院・阿弥陀如来坐像』
スポンサーサイト
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
関連エントリー
関連エントリー

Tag : 京都 歴史 庭園 江戸時代

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。