スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト
関連エントリー
関連エントリー

凄い東京2 『ブリジストン美術館』

 国内の美術館で、西の大原美術館と並ぶ東のブリジストン美術館として日本屈指の西洋近代絵画コレクションを持つ美術館。洗練された上品な展示室で静かに絵画と向き合える大人の雰囲気を持つ。
読むブリジストン美術館
東京駅・八重洲中央口より徒歩5分と、抜群の立地的条件を持つこの美術館。さらに質の高いコレクションを保有しているだけに、休日でも人がまばらな理由は多くの人がこの美術館の凄さを知らないからだろう。

「世の人々の楽しみと幸福のために」という基本理念を基に1952年に開館。アメリカの美術館に習い、美術をより身近に感じられる都心型美術館として活動を続け、一人でも多くの人に芸術の素晴らしさを伝えようと活動を続けている。

所蔵品の中には、コロー、マネ、ルノワール、ルオー、ピカソ、マティスらの一級品が綺羅星のように展示されており、印象派前後の西洋絵画を知る上で欠かせない画家たちの傑作を見ることができる。また青木繁など日本近代絵画のコレクションも保有しており、その質の高さでも知らている。

企業が芸術を支援するメセナという言葉が日本に根付いてなかった時代。創業者の「社会的に大きなサービスになる」という意思に基づいて公開が始まったこの美術館。館内の居心地の良さや、美術普及のための活動も、その意思が受け継がれているからだろう。
(写真は美術館について書かれた『読むブリジストン美術館』)
ブリジストン美術館ホームページ
ウィキペディア ブリジストン美術館
アマゾン 『読むブリヂストン美術館』
スポンサーサイト
関連エントリー

テーマ : 東京 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い東京2 『ブリジストン美術館』
関連エントリー
関連エントリー

Tag : 東京 美術 洋画 印象派

コメント

No title

はじめまして。ここは大好きな美術館です。
仲間の久留米・石橋美術館も大好きです。

『文化ブログ』阿部和璧より返信

koh-kunさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

『世界一周お絵かきの旅』のブログも読ませていただきました。

以前、私も東南アジアや中米を旅行していたことがあるので、
とても懐かしい気持ちになりました。

私が特にインドが好きなのですが、koh-kunさんはどの国が
好きですが?ぜひ教えてください。

美術にも興味を持たれているご様子ですが、ブリジストン美術館
はとても良い美術館ですよね。私も大好きです。

姉妹館である久留米の石橋美術館も一度、足を運びましたが、
こちらの方も、青木繁や坂本繁二郎の秀作が見れて大変良い
美術館だと思いました。

ところで、koh-kunさんはどんな画家や美術作品がお好きですが?
せっかくですので、そんなことも教えてください。

それではまた色々な情報を交換して、お互いのブログを盛り上げて
いきましょう。

ではお元気で、さようなら。
                                 阿部和璧より

No title

こんにちは。
阿部和璧さんも旅をされてたんですね。
インド好きとはタフですね。私はラオスが一番好きです。
人と自然と食、すべてが自分に合っていると感じます。

好きな画家はベタですがセザンヌ、平山郁夫さんです。
専門的なことはわからないですが、色遣いが好きです。

石橋美術館も行かれてるんですね。
久留米に住んでいた時期によく足を運びました。

海外に行ってたこともあって美術館から足が遠のいてるので
久しぶりにBS美術館に行ってみようかと思います。

それではまたブログ読ませてもらいますね。

阿部和璧よりkoh-kunさんへの返信

koh-kunさん、お返事ありがとうございます。

『世界一周お絵描き旅』のブログを読んでいながら、すでにkoh-kun
さんがラオスが一番好きだと答えていらしたもとも読み落とし、同じ
質問をしてしまって申し訳なく思います。

でもラオス、いいですよね。人がのんびりとしていて、海に面したベト
ナムやカンボジアとはまた一味違った穏やかな空気が流れていて、
とても落ち着けるいい国だと思います。

まあラオスには1週間ほどしかいれなかったですし、何人かの旅行者
が、ぜひ行くようにと薦めてくれたルアンパバーンという町にも行けな
かったのでラオスの本当の良さを知っているとは言えませんが。

でも2位と3位のイランやジンバブエって凄いですね。中東やアフリア
って、アジアと違って苦労が多そうな気がして、敬遠してしまったのだ
けど、写真を見せてもらった感じでは人や食事も良さそうだし、何より
koh-kunさんが旅を楽しんでいる様子が伝わってきます。

また絵画はセザンヌがお好きだということですが、私も大変共感しま
す。はっきり言ってセザンヌって超が付くほど凄い画家ですよね。

国内ではなかなか彼の秀作を見ることはできませんが、箱根のポー
ラ美術館にあるセザンヌの作品は国内でも指折りの彼の作品だと思
います。(常設されているか分かりませんが)

まあそんな訳でけっこう長い返信になりましたが、今度は最初に行っ
た国のことや、次の旅の予定、さらにはkoh-kunさんが今好きなもの
などについて、お互いのブログか返信で色々とお話をしましょう。

それではお元気で、また。

                                   阿部和璧より

No title

こんばんは。

旅の再開後は中南米がメインの予定です。
ラオスのとなりミャンマーにも行ってみたいですね。
やはり素朴な人や自然に惹かれます。

ポーラ美術館ですか、数年前にピカソの企画時に足を運びました。
印象派の作品が多いのでまた行ってみたいですね。

ちなみに一番最初に行った国はフランスです。
美術館ばかり回ってました。あまりに膨大で疲れ切ったのをよく覚えています。

それではまた!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。