スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

「決断の先にあるもの」~ソフトバンクアカデミア第2回戦略特別講義「意思決定の極意」孫正義さん講義を聴いて~

 日ごろは現代アートの新たな動きを追っているこのブログで、なぜ「光の道対談」や「孫の2乗の兵法」といったアートとは関係ない孫正義さんの講義を紹介するのか。その点については自分でも色々と考えてきましたが、今回、この文章をまとめようとあれこれ考えていくなかで、明確になってきた気がする。それを一言で言うと、孫さんが目指す、「情報革命によって人々を幸せにする」という考えと、このブログが目指す、「アートの多様なの可能性を紹介していく中で、人々の価値観を豊かにし、多様な価値観を認め合える社会を築いていきたい」という考えに共通の基盤があるからなのだと思う。今回の戦略特別講義では、「意思決定の極意」として、孫さんがこれまで経営者として様々な局面で行ってきた決断を振り返りながら、そこに込められた意味を読み解くというもの。30の選択を例にした孫正義さんの決断の先にあるものを見ていきたい。ソフトバンクアカデミア公開講義

「決断とは一方を選択し、もう一方を断ち切ることである」という一見、当たり前でありながら、意外と忘れがちな言葉にハッとしている内に始った孫さんの講義。「意思決定はリーダーに求められる資質であり、成功要因である」と語る孫さんのこれまで経験してきた30の意思決定をケーススタディーとして紹介しながら進められた講義は、かなり赤裸々なものだった。聴衆と共に30の設問の中から2者択一をしていくという形式で行われた設問の中には、ハドソンという企業との独占契約のための多額の資金を要求された時の話や、今でも「思い出したくない」という部下の裏切りや離反の話など、聴いている方がここまで話していいのだろうかと思うほどのものが幾つもあった。

孫さんがまだネットに出会う前の設問には、経営者としての一般的な道義やルール的な話が多かったが、一度ネットやITという業態に出会ってからの型破りさには、今のソフトバンクを知っていても本当に大丈夫か?と思えるほどの選択が続いていた。出版事業と競合するネットでの情報発信に収益の見込みも無いのに飛び込んだり、マイクロソフトやまだ創業間も無いYAHOO!(ヤフー)アメリカへの巨額の資金の投入ぶりは、普通なら常軌を逸しているとしか考えられないほどのもの。しかし、その常道を踏み外した決断の結果が、今のソフトバンクを生み出したのだから、経営者としての目の付け所が常人とは全く違っているのだと思う。そう考えると、今回の後継者募集で30年後の200兆円企業を作り上げることのできる人物など、孫さんと同じレベルかそれ以上に常道を踏み外した決断ができる者でなければ絶対に不可能だと思う。『事を成す 孫正義の新30年ビジョン』

ネットという事業に出会った孫さんの決断は、「時間も労力もお金も99%インターネットに集中する」という、極めて偏った意思決定をしていく。総額5000億円で買った3つのアメリカ企業や、スカパーやあおぞら銀行などを、戦略的事業であるブロードバンドの資金不足を解消するために、損を承知で売却。その資金をネット事業へ4年間投入し続けた時期に起きたネットバブルの崩壊。20兆円の価値だったソフトバンク株は一気に100分の1の2800億円になったのだという。そしてその時の株主総会では、「嘘つき!ペテン師!泥棒!」と非難の嵐が吹き荒れる中、6時間休憩なしで質問に答え続けた孫さん。最後はその姿に打たれた会場の3分の1の人々が涙を流し、あるおばあさんは「主人の残してくれた100万円の遺産の全部ソフトバンク株に投入し、10万円になった。だけど私には悔いはありません。今日あなたの話を直接聴いて、私はあなたの夢に賭けた。本当に良かったと心からそう思いました」と言ったのだという。

「割れんばかりの拍手をもらい、今でも鮮明に覚えている」という株主総会が行われた時期、孫さんが「生きるか死ぬか」の勝負を挑んでいたのがブロードバンド事業。知識も経験もノウハウもない中に飛び込んだ理由は、「この国をブルードバンド先進国にする!」という志だった。その戦いの中には国内市場をほぼ独占していた企業との争いや、殺到した申し込みへの対応の遅れ、情報漏えいへの対処といった様々な苦難の連続だった。しかしその結果が2009年の統計による世界一速く、安いブロードバンド環境を提供できる国という状態をもたらした。さらに現在のソフトバンクの中核をなす携帯電話事業の買収や、携帯事業での顧客認知度やブランド力のアップも狙ったプロ野球団の所有など積極的な意思決定を次々と行っていった。孫さんUST画像3

現在行われているソフトバンクアカデミアによる後継者の育成を含め、情報通信企業としての道を歩みだして以降の孫さんの決断は、一見常識外れのように見えて、実は大きな目的を達成するための一つの道筋であることに気づく。「情報革命で人々を幸せにする」というその目的を可能にする、ネットやウェブの技術。その技術がつなげるこれまで出会えなかった人々の思いや発想によって、世界中の人々がより豊かに幸せに生きる世界を築くこと。全てはそのための決断であり、そんな志が作る未来のビジョンを明確にすることが、結果的に「意思決定の極意」の最も重要な柱になるのだと思った。

ソフトバンクアカデミア 公開講義アーカイブ
ソフトバンクアカデミア 後継者公募申し込み先
ソフトバンクアカデミア公開講義「意思決定の極意」書き起こしPart1
ウィキペディア 孫正義
ウィキペディア ソフトバンク
孫正義さんのtwitter(ツイッター)
アマゾン 井上篤夫著『事を成す 孫正義の新30年ビジョン』


【関連記事】
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」
「なぜ中国現代アートは熱いのか」
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「果たして名古屋は熱いのか」~あいちトリエンナーレ2010を巡って・前編~
「拡散するアート、又はコンセプチュアルアートとしての¥2010 exhibition(2010円展)-Final」by0000 Gallery(オーフォギャラリー)を体験して
「極めて優れたビエンナーレ」~BIWAKOビエンナーレ2010を巡って~
「決断の先にあるもの」~ソフトバンクアカデミア第2回戦略特別講義「意思決定の極意」孫正義さん講義を聴いて~
「伝統に囚われない強さ」~ 『青木良太展』小山登美夫ギャラリー京都版とeN arts版の2つを観て~
「自分だけの答え」~京都造形芸術大学・大瓜生山祭、椿昇さんが参加したトークショーを聴いて~
「圧倒的な廃墟感」~瀬戸内国際芸術祭2010「犬島・精錬所」を巡って~
「なぜ村上隆さんは批判されるのか?」~ニコニコ生放送・村上隆 ベルサイユ宮殿より生中継を見て考える~
「新たなリアル」~今、アートと社会の中で何が起きているのか~
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「圧倒的な廃墟感」~瀬戸内国際芸術祭2010「犬島・精錬所」を巡って~
「新たなリアル」~今、アートと社会の中で何が起きているのか~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
今なぜ日本画Ustなのか
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
スポンサーサイト
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「決断の先にあるもの」~ソフトバンクアカデミア第2回戦略特別講義「意思決定の極意」孫正義さん講義を聴いて~

「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~

 本来ならTwitter(ツイッター)でも予告した通り、ワンダーフェスティバルの体験記をUPする予定だったのですが、文章を書いてる途中に始まったソフトバンクアカデミア開校式での孫正義さんの『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)があまりに凄かったので、内容を差し替えてこの文章を書いています。以前に紹介した佐々木俊尚さんとの討論『光の道』Ustでも、その凄さを実感していたが、今回は孫さんが最も得意とする経営理念や戦略についての話なだけに、前回以上に凄かった。ソフトバンクアカデミア

ワンフェスの文章を書き進めるためにパソコンを起動させ、とりあえずTwitterのフォロアーのつぶやきを確認している中で見つけた、「ソフトバンクアカデミア開校!USTREAMにて現在配信中!!」という文字。その横にあったアドレスをクリックすると、「天の時とはタイミング。情報ビッグバンが起きているこの時代に生まれたことがラッキーだった。この天の時を上手く活用して羽ばたかなければならない」と熱のこもった口調で語り掛ける孫さんの姿があった。

しかし、すでに開始から30分以上過ぎていたため、まあ音声だけ聞いてあとは文章の続きを書こうと、しばらくは作業をしながら聞いていた。でも、「今現在でも新規事業の立ち上げなどで情報を集めたりする機会があるかもしれないが、自分から提案する能力を持ってないと常に失格。自分からこれをやりましょうと言わなければ」という聴衆を煽動するような言葉が繰り返されだすと、もう何も手につかなくなり、孫さんの姿を見ながらの視聴に切り替えた。

その後に続いた「死ぬほど情報を集め、死ぬほど考えて、そこから99パーセントそぎ落として戦略を絞り込む」という戦略についての話。さらに「3割以上のリスクを犯さない。絶対に7割以上勝つというように理詰めで詰めて戦いに挑む。5分5分の時に戦いに挑むのは馬鹿がやることだから、そういうヤツはリーダーになっちゃいけない」といった孫子の兵法からでなく、孫さんが独自に生み出した経営指針には、実体験に基づいた迫力が備わっていた。孫正義

それはまるで、第2次世界大戦に挑んだどこかの国の失敗から得た教訓のようでもあり、戦後、明確なビジョンを描けず結局はバブル崩壊という「第2の敗戦」へと向かったどこかの国のありようを痛烈に批判した言葉のように思えてならなかった。孫さんが力を込めた「退却する勇気がないリーダーは国を滅ぼす、会社を滅ぼす」という言葉は、「敗戦後」の状況も理解できず、未だ攻めの姿勢を貫こうとするこの国への最も適したアドバイスのようにも思えた。

そのような孫さんの発言に静まり返った会場。そんな中、孫さんはさらに的確な比喩を用いて経営者にとって必要なことを説き続けた。「ブレーキの利かない車がどれほど危険か」、「川で泳ぐ時、流れにそって泳ぐのがどれほど楽か」、「重箱の隅をつつくようなことをしてては意味がない」といった言葉で、意地で戦いを続けてはいけないこと。時代の流れや王道を素早く読み、その流れをつかんでいくことの大切さを訴えた。

「一、流、攻、守、群」という具体的戦略をまとめた言葉の説明では、「その分野で圧倒的NO1にこだわること。2番は敗北だと思え」、「時代の流れを読んでその先で仕掛けて待つこと」、「すべてにおいて高い技能を持った攻め手であれ」、「正しき義があることをやっていれば守りは強い」、「天下りは人的賄賂以外のなにものでもない」といった具体例や他業種への痛烈な批判も含めながら自らの本心をさらけ出していった。孫子

またそれだけでなく、人々の先頭に立つリーダーとして、「バランス良く知的能力を持っていくこと」、「信義と信念のある人間であること」、「人々の幸せのためにという事の本質を理解し事業に望むこと」、「闘う勇気、退却する勇気を持つこと」、「本当のリーダーになるためには時として鬼になれ。鬼になりきれない者はリーダーになれない」といった人格的にも優れた人間である必要性をも訴えた。

2時間16分にわたって続いた孫さんの『孫の二乗の兵法』Ustは、「僕自身また達成できてないリーダーが持つべき素養としての戦いに勝つための指針」として、ソフトバンクの次の後継者を育てるための「ソフトバンクアカデミア」の最も基本的な理念であり、Ustやニコニコ動画でのライブ配信を交えて20年、30年続けられていく計画の第1回目なのだという。

自らが信条としている「『志し高く』、頑張りましょう」という言葉で講義の最後を締めくくった孫さん。TwitterやUstといった新たなツールの登場が、これまでつながる機会のなかった人々を結び、これまで共有されることのなかった価値の高い情報を共有できる時代を到来させた。そんな「デジタル情報革命で人々を幸せにする」というソフトバンクの理念を社長自ら率先して行った結果が、アーカイブも含め8400人がこのUstを見ることになった大きな理由なのだと思う。

ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』ust
ソフトバンクアカデミアの特設サイト
ウィキペディア 孫正義
アマゾン 『志高く 孫正義正伝 完全版』
アマゾン 『新訂 孫子 (岩波文庫)』

【最近の記事】
超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「お楽しみ箱としての『家プロジェクト』」~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その2
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~

超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 

 4月23日に行われた「三木谷浩史・孫正義が語る『国民による、ITによる、日本復活』」というタイトルの講演会。Ust(ユースト)で生放送され、多くの人と共に二人の主張を視聴した。しかし孫さんの「光ファイバー網を全家庭に敷設すれば日本の将来は光に満ちている」というピッカリ主張に眩しさを覚え疑問符付きで視聴終了。

しばらくすると、その楽観性に各方面から反対意見が出たようで、中でも4月29日にCNET JAPANに掲載された佐々木俊尚さんの反論は反響も大きかったらしい。一応その文章に興味を覚え、さっと目を通したが、「光という高速道路の敷設より、生活に直結した使いやすいサービスを生み出すことを優先すべきでは」という主張には概ね共感できた。孫正義正伝A

個人的には孫さんが自らの過去と自身の「志」を熱く語った「孫正義 LIVE 2011」書き起こしを読んで以来、孫さんという人物に注目していただけに、もう一つゾクッするような主張であればなと思いながら、この話題はすっかり過去のものとなっていた。

だから昨夜、twitterで「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論『光の道は必要か?』」という番組がUst生放送されると知り、一体、どのような経緯で二人の対談が実現したのかも、また二人がその後、どのようなことを主張していたかも全く知らずに番組を見ることになった。

孫さんはこの討論を佐々木さんの名前から「巌流島対決」になぞらえていたようで、宮本武蔵よろしく、豊富な知識と綿密な下準備を整えて番組に臨まれていたようだ。超簡単に孫さんの主張をまとめると、「現在のメタル回線(旧来の電線などを使った電話回線)と光回線の併用はコストかかさみ過ぎ。特にメタル回線は技術的にも転換期を迎えており、NTTがこの二重構造を廃し『光の道』を全家庭の室内まで引き入れる計画を実行すれば、結果的に税金を1円も使わず、NTTの収益も上がり、さらに利用者もこれまでにない利便性が得られる」(超訳)というもの。

中盤までの佐々木さんは、その主張に対し、「『光の道』というインフラよりも、人々と技術を結ぶその中間にあるものこそが今は大事なのであって、国家予算もなく選択と集中が必要な現状では『光の道』よりも、その中間部分を活性化させることに全力を尽くすべき」(超訳)と採算をベースにした反論を展開。

しかし、孫さんの主張が国費を1円も使わないこと。さらに「その中間部分の大切さはもちろんのことであり、ただし光回線が全家庭化を覆っている状態(クラウド化)が前提としてあって、その先に医療カルテの電子化や過去のデータベースを活用した電子教科書といった全く新しいデジタル情報革命が起こせる」(超訳)という採算まで含めた斬新で、可能性に満ちたビジョンを提示すると、佐々木さんは孫さんの主張に共感を覚えていかれたようだ。電子書籍の衝撃

それでも佐々木さんは「そのビジョンは正しくとも、次の段階での検証、さらにはそれに着手していく実行ベースで軌道に乗せていくことが大切」(超訳)と実現化を見据え、障害を実務的に乗り越えていくことの必要性を強調。孫さんはそれに対し、我が意を得たりといった感じで共感。その後は討論と言うよりも、新たなビジョンのプレゼンとそれに対する問題点の洗い出しといった対話重視の展開で5時間近い番組は進行していった。

日付が変わり、いかにも高級そうなワインが登場した頃には、二人はお互いの意見の一致を喜び合い乾杯。この国に明るい未来を提示するためには『光の道』が日本全国に敷き詰められ、その土台を活用した様々な技術革新によってより豊かな国民生活が実現できるという認識を共有していた。

番組終了直前には、孫さんは収録現場にいる人々からの質問を受けた。最初の質問は「孫さんの国を熱く語る姿に共感するが、自分がやるとなると恥ずかしさを覚えるのですが」というもの。それに対し孫さんは「僕は本当に日本が好きで…自分が生まれた国を愛することが、なぜ恥ずかしいんだ。自分が愛するこの国のために、何か少しでも貢献したいことのどこにためらう必要があるんだ」と言葉を詰まらせながら自らの思いを述べた。

またこれからの目標として「医療、教育、エンターテインメントを通じて、豊かさ、楽しさ、生産性を伝えるデジタル情報革命を実現したい」と語り、「自分は決して幕末の坂本竜馬だと思っていませんが、竜馬に憧れることは許して欲しい。そして素晴らしい人が素晴らしいことをしたと語り合えるのが歴史の素晴らしさであり、人間の素晴らしさではないか」と時代を越えてた思いや志の大切さを訴えた。

深夜1時まで約5時間、Ustでは1万3000人、ニコニコ生放送では8万5000人以上の人々が視聴を続けたこの討論会。この放送自体がネットワークやtwitter、Ustなどの人間が生み出した様々な技術的、環境的土台の上に成立した一つの到達点なのだと思う。しかしそこで語り合われ、伝えられていくものは、極めて人間的でぬくもりのある志や思いということに人間の普遍性を感じた。

ウィキペディア 孫正義
ウィキペディア 佐々木俊尚
佐々木俊尚さんソフトバンクの「光の道」論に全面反論する(上)
孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」書き起こし(その1)
アマゾン 井上篤夫著『志高く 孫正義正伝』
アマゾン 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)』

【最近の記事】
「孫正義にみる言葉の力」~ソフトバンクアカデミア開校式『孫の2乗の兵法』Ust(ユースト)を聴いて~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
デジタル技術の進化における模倣や複製の可能性
『アートが創る熱い夏』~瀬戸内国際芸術祭2010「直島」を巡って~その1
「かなり残念なイベント」~文化庁メディア芸術祭京都展・宮本茂さんと養老孟司さん講演を聴いて~
「忍び寄る悪夢」~兵庫県立美術館コレクション展・束芋『dolefullhouse』(ドールフルハウス)を観て~
「幾つもの架け橋」~「京都芸術」トークイベント第二部「京都でアートを見せること」を聴いて~
「スーパーリアルな革命」~「京都芸術」に関連したKyoto家Galleryを巡って~
「遭遇、梅佳代さん」~梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるずを観て ~
0000(オーフォー)の現在(いま)~0000が関連した3つの「京都芸術」イベントを観て~
「ありふれたものの凄さ」~建築家・藤森照信さんの「土と建築」講演を聴いて~
「光の中の少女たち」~京都国際マンガミュージアム『村田蓮爾展』とライブペインティングイベントを観て~
京都ボスキャラの集い~京都藝術オープニング「SANDWICH(名和晃平さんのスタジオ)×仔羊同好会イベント」に参加して~
先入観を捨てて読め!高城剛『ヤバいぜっ!デジタル日本』
「確かに面白くはあったのだけれど…」メイドラウンジin台湾~「カオスラウンジ・オープニングイベント」ニコニコ生放送を観て~
超個人的「ワンダーフェスティバル(ワンフェス、WF)」2010夏、体験レポートその1「開戦前場内」
ムーブメントを生み出すために~メディア芸術フォーラム大阪・シンポジウムに参加して~
『海洋堂前史』~京都国際マンガミュージアム・フィギュアの系譜展を観て前編~
カオス(ラウンジ)世代のリアリティー~くまおり純の場合~
「萌え+ドーパミン=最強」BOME×村上隆トークショーを聴いて
極めて葬送的な『ハートキャッチ!かおすら!』ユーストを見て
『死なないための葬送』としての『はめつら!』
超解釈!『ネットワーク時代のクリエイティヴィティ「神話が考える」をめぐって福嶋亮大×浅田彰』
カオスラウンジの何が凄いのか~関西初上陸、『かおすら!』展を見て~
会田誠さんのジレンマ、そして可能性
あずまん(東浩紀)が見た破滅ラウンジのリアリティ
凄かった!京都造形大『FRESH MEETING!(フレッシュ ミーテング)』
エヴァ的に解釈するGEISAI大学放課後討論会
カオスラウンジの意味
GEISAI大学討論会での黒瀬陽平さんのヘタレ受けの見事さ
カオスラウンジで注目の黒瀬陽平さんが投げ掛けた問い
ユーストリーム(Ustream)配信失敗の教訓 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 超簡略!私的見解込み「孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 『光の道は必要か?』」 
プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。