スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い大阪3 『大阪造幣局・工場、博物館見学』

 「桜の通り抜け」で有名な大阪造幣局。しかしそれだけでなく、その内部だって凄い。身近な存在でありながら、意外と知らないお金(貨幣)の知識が大量に眠っている。
造幣局実は10世紀の中盤から家康が幕府を開くまで、日本では公式な貨幣が作られなかった。(その間は中国から輸入した宋銭、明銭を使用)そんな貨幣についての驚きの事実が大量に眠っているのが大阪造幣局博物館。

世界中から集めためずらしい貨幣や、秀吉が作った時価1億と言われる「天正菱大判」など国内外の貨幣4000点が展示されており、貨幣の歴史や貴重な展示物が見学できる。また展示室には文化勲章や紫綬褒章のメダルが陳列されており、それらも造幣局の制作物だと知ることができる。

カラス越しに見学できる貨幣の製造過程では、完全オートメーション化した生産ラインから次々と生み出される500円や10円を見ることができる。無機的な容器にたまっていくピカピカのお金を見ていると、ちょっと得した気分になれるから不思議。

予約が必要で決して気軽に見学できる訳ではないけれど、造幣局という硬い外見からは見えてこない面白い知識や意外な事実が学べる場所。そこは大量の貨幣だけでなく、大量の知識が眠っている宝の宝庫と言えるだろう。

ウィキペェイア 造幣局(日本)
独立行政法人 造幣局

 【関連記事】
凄い京都(大阪)12 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い京都13  『桂離宮と修学院』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い京都15 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
スポンサーサイト

テーマ : 大阪 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い大阪3 『大阪造幣局・工場、博物館見学』

Tag : 大阪 歴史 見学

凄い滋賀3 湖東三山その1『百済寺(ひゃくさいじ)』

関西屈指の紅葉の名所として知られる湖東三山。滋賀県中部の不便な場所にある3つの寺だが、静寂の中で見る紅葉は華やかでありながら、ひっそりとした落ち着きを漂わせる。
百済寺湖東三山第1回目は3つの寺の中で最南に位置する百済寺。寺伝によると聖徳太子の願いによっての創建された古刹だという。平安、鎌倉期には300余りの塔頭を誇る壮大な寺院であったが、室町期の2度にわたる火災や信長の焼き討ちにより建物は焼失。本堂をはじめとする現在の建物は近世以降に再建されたものだ。

しかし、その境内に漂う落ち着いた雰囲気は古刹ならでは。自然石の長い石段は紅葉に覆われ、その先に本堂がひっそりとたたずんでいる。また受付付近にある喜見院庭園は池と山裾が一体となった池泉回遊式庭園。この寺に今も残る優雅さが味わえる。

かってこれほどの山奥に約1200人の人々が修行や生活を送っていたこの寺。今では紅葉を見に訪れる観光客が去っていくと、境内はひっそりとして人影もない。そんな歴史を生きてきたこの寺の、散り行く紅葉もまた美しい。

ウィキペディア 湖東三山
ウィキペディア 百済寺
百済寺公式サイト

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い滋賀3 湖東三山その1『百済寺(ひゃくさいじ)』

Tag : 滋賀 寺社 紅葉 歴史 庭園

凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像』

 総数1041本の手がまるで孔雀の羽のように広がる国宝仏。以前紹介した道成寺の千手観音像より古く、唐招提寺のものと並び、国内最古の千手観音像。
葛井寺千手観音 寺伝によると聖武天皇の命を受け作られた仏像で、開眼供養は行基によって行われたという。国内最古の千手観音像ということや、西国三十三箇所巡礼第5番札所ということもあり、この仏像が開帳される毎月18日には、境内は多くの人でごった返す。

保存状態を保つため内陣は透明な板によって仕切られており、板越しの対面となるが、それでもこの仏像の迫力は伝わってくる。実際よりも大きく感じられる坐像の周囲には、様々なお供え物で埋め尽くされており、人々の信仰の深さを感じさせる。

まだ都が奈良にあった時代、難波や住吉津といった海の玄関口に通じる長尾街道の要衝であった葛井寺(藤井寺)。現在もその名称が地名や駅名として残るのは、この仏像に対する人々の信仰が続いてきた結果だろう。

ウィキペディア 葛井寺
ウィキペディア 千手観音

 【関連記事】
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都8 『法金剛院・阿弥陀如来坐像』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』

テーマ : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像』

凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源時)『十一面観音像』

この世のものとは思えない絶妙なバランスを持ち、独特のオーラを放つ仏像。滋賀北部に行く機会があればぜひ立ち寄りたい絶品の十一面観音。
向源寺十一面観音2006年に東京国立博物館で行われた特別展『仏像』に初出品され、多くの仏像ファンを魅了したことで知られるこの仏像。戦国時代には戦火を逃れるために地元の住民が地中に埋蔵して仏像を守り抜いたという話でも知られている。

隠れた寺社、文化財を数多く保有している滋賀にあって、この仏像の凄さに匹敵するものは他にないのではと思う。平安初期から地元の人々に篤く信仰され、守り続けられてきた仏像であることも、この仏像に向かい合えば納得できる。

医療や薬学といったものが今ほど発展していなかった時代、人は自分の力を超えた存在にすがることでしか救いを求めることができなかった。そんな時代の面影を十分感じさせてくれる仏像にあなたはここで出会えるだろう。

ウィキペディア 十一面観音
ウィキペディア 向源寺
滋賀県観光情報 渡岸観音堂(向源寺)

 【関連記事】
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い京都8 『法金剛院・阿弥陀如来坐像』
凄い京都17 地獄に最も近い場所『千本ゑんま堂(千本えんま堂)』

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源時)『十一面観音像』

凄い兵庫1 『神戸市立王子動物園』

 現在、日本で唯一、パンダとコアラが一度にみれる動物園。有名な旭山動物園のような知名度はないが、広い園内にいる動物たちを眺めたり、触れ合ったりできる楽しい動物園。
王子動物園のパンダ・コウコウ関西三大動物園の一つと言われる王子動物園。しかしその実力は他の2つを大きく引き離す。パンダ、コアラといった目玉動物がいるのはもちろんだが、高台から海を望める開放感のある立地と敷地の広さが魅力。

個人的には初めてパンダとコアラを見たのがこの動物園だけに、何か特別な気持ちがあるのも事実。しかし、それ以外の動物にしても、どこか他の動物園よりはのんびりして見える。

それにしてもパンダって結構凶暴で、竹の根元なんかをバリバリ食べるのだけれど、それでも可愛く感じてしまうのはなぜなんだろう。もし体が全部黒だったら、熊とほとんど変わらないし、だれも可愛いなんて言わないだろうに。
(写真はパンダのコウコウ)
神戸市立王子動物園トップページ
ウィキペディア 神戸市立王子動物園
ユーチューブ 夢中で竹の根元を食べる王子動物園のパンダ

 【関連記事】
凄い京都(大阪)13 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い京都17 地獄に最も近い場所『千本ゑんま堂(千本えんま堂)』
凄い中米1 メキシコ『イスラムヘーレス』

テーマ : 神戸 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い兵庫1 『神戸市立王子動物園』

凄い和歌山1 道成寺『千手観音と日光、月光菩薩の両脇侍』

 日本で二番目に古いと言われる千手観音像とその脇を固める日光、月光菩薩。信仰がまだ神秘というものをふんだんに持ち合わせていた時代の美とバランスを兼ね備えている。
道成寺本堂能や歌舞伎の『道成寺』で知られる和歌山南西部にある県内最古の寺。名前の知名度は全国的だが、今でも寺が現存し、そこの本尊・千手観音像を含む3体の仏像が国宝指定を受けていることはそれほど知られていない。

ちょうど大宝律令と同じ年の701年に創建されたというこの寺の2代目の本尊と両脇侍。寺伝によると藤原不比等の養女となり、聖武天皇を生んだ藤原宮子の発願によって創建された寺であるという。

広い宝仏殿に並ぶ20数体の仏像の中でも、自然と目が吸い寄せられていくのが本尊と両脇侍。柔和な表情と安定感のある肢体を持つ3体の仏像が抜群のバランス感覚で一つの世界を作り出す。

また両脇侍が手にする一茎の蓮や千手観音の指先に宿る不思議な表情がその世界の神秘性を一層際立たせる。今から約1200年前に作られたこれらの仏像。その3体が今も共に並び立ち、信仰の世界を作り出していること自体、一つの奇跡である。
(写真は道成寺本堂)
道成寺 ホームページ
ウィキペディア 道成寺

 【関連記事】
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』">凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い和歌山1 道成寺『千手観音と日光、月光菩薩の両脇侍』

凄い滋賀1 大通寺の書院・岸駒『老梅図』

 滋賀北部の優れた観光地、長浜にある大通寺の書院を飾る障壁画。作者は江戸後期に京都で活躍し、岸派を創出した岸駒(1756-1839)。
大通寺
この障壁画を見た時は、まだ岸駒について何も知らなかったので、巨大な老梅の持つ力強さやその筆遣いの鋭さにゾッとするほど心を動かされた。

金箔の貼られた12面の襖に墨のみで描かれた老梅は、かすれた筆跡さえもがつい先ほど描かれたかのような鮮やかな色を残している。

また荒々しく描かれた幹の巨大さや、勢い良く広がる枝振りの見事さに、自己顕示欲の強さや画料の高さでも知られていた岸駒の気概が感じられる。

最近では伊藤若冲や曽我蕭白といった江戸中期の絵師たちに注目が集まっているだけに、ぜひとも気迫みなぎる岸駒の作品にも注目して欲しい。
(画像は大通寺の本堂)
ウィキペディア 岸駒
ウィキペディア 大通寺
大通寺公式ホームページ

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い滋賀1 大通寺の書院・岸駒『老梅図』

凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像』

 大阪の河内長野にある歓心寺の本尊であり、年に2日しか見られない秘仏。あくまで個人的に近畿圏内にある国宝仏の中でもトップクラスの神秘性を持つ仏像。
歓心寺 如意輪観音像今から数年前、この仏像を見た時の感覚はいまでもはっきり覚えている。桜がまだ残る春の陽気の中、山奥の寺まで行き、この仏像に向かい合った。すると、じわじわと染み入るようにその凄さ伝わってきた。

それはちょうど春の陽気のように艶のある親密な感覚でありながら、同時に全てが幻のような幻想的で近寄り難い不思議な感覚を覚えたのだった。

その日の堂内にはこの秘仏をひと目見ようと多くの人々が詰めかけていた。しかしその感覚の中では、他の人々の存在がほとんど気にならず、ただ仏像と向かい合い長い時間を過ごした。

あれ以来、4月17、18日のあの仏像の開帳日が近づくとあの感覚を思い出す。そしてもう一度あの仏像を見たいと思いながら、穏やかな春の日が過ぎていくのだった。

観心寺WEBサイト
ウィキペディア 歓心寺 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像』
プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。