スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』

 映画や書籍ともなったこの作品の最初のものであり、まだ生きていた彼女の声や息遣いを感じることができるるのが、アンコールも含め二度放映されたこのドキュメンタリー。過剰演出や周囲の雑音を知った後でも、生きたいと望みながら死んでいった一人の人間の姿は胸を打たずにはいられない。
花嫁2年前、偶然つけたテレビに映し出された一人の女性の闘病記。まだ幼さの残る彼女の身体に発症した乳がん。乳房の切除という若い女性には耐え難い手術をしても再発を防げなかった癌。若く活発であることが、癌の進行さえも早めてしまう現実。

再発がもたらした放射線や抗がん剤の治療の苦しみ。大切な髪の毛が抜けていく中、彼女が選んだことは、自らが生きる姿を映像として残しておくことだった。そこから始まる闘病のドキュメンタリー。これまでは当たり前であった生きることや、周囲の優しさが掛け替えのないものだと気づいた彼女の「もし生きれるのだったら凄い人になれるのに」という言葉が切ない。

あまりにも若く、まだたくさんの未来があるはずなのに、自分だけが向き合わなければならない生と死。家族や恋人に支えられながら、懸命に生きる彼女の姿は、ともすれば漫然と日々を送ってしまいがちな自分には申し訳なく思えて仕方なかった。病状が悪化していく中、それでも生きたいと望む彼女の思いが届けばとんなに良かったか。

体力を奪う癌の進行と競うように準備された恋人との模擬結婚式。夢だったウエデングドレスをまとった彼女の表情は、晴れやかで美しかった。しかし式を終えた彼女に残された時間はもう無かった。元気に見えた日々は過ぎ去り容態が急変。まるで風に吹かれた花のように命ははかなく散っていった。

この映像を見て以来、ずっと心に残り続けていたのは、生きていることの掛け替えのない素晴らしさ。彼女のお陰で知ることができたその事実も、いつしか心のどこかに置き忘れてしまっていた。そんな日々の中で再び出会った彼女の映像。癌に侵されながらも懸命に生きる彼女の姿に、愚かな自分でも、もっと日々を大切に生きなければと強く思った。



YouTube 余命1ヶ月の花嫁(1)中国語字幕付
TBS 『余命1ヶ月の花嫁』内容紹介
ウィキペディア 余命1ヶ月の花嫁

【関連記事】

凄い絵画5 三橋節子『三井の晩鐘』
凄い映画8 『バベル』
凄いイベント1 『みぽりんの絵てがみ展』
凄い本17 トリイ・ヘイデン『シーラという子』
凄い歴史1 『祇王と仏御前の話』平家物語1
スポンサーサイト

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』

Tag : ドキュメンタリー 映画 闘病 YouTube テレビ 動画 ノンフィクション

凄いテレビ3 『リサ・ランドール 異次元への招待』

 ニュートンですら自身の発見を「真理の大海を前にして、海辺で美しい石や貝殻を拾っているようなものにすぎない」と言ったということが、決して誇張ではないかもしれない。そんな気持ちにさせてくれる、いささか現実離れした異次元についての番組。
リサ・ランドール
立体的な3次元と時間を含めた4次元。そこが我々の暮らす世界である。しかし実は、その世界は我々には認識できない5次元世界の中にある薄い膜のようなものでしかない。

そんな途方もない仮説を提唱しているのがハーバード大学で教鞭と執る論理物理学者のリサ・ランドール教授。彼女が2007年に来日した時、その仮説について行った講演やインタビューをまとめた番組がYouTubeにあった。

物理が苦手な人にでも分かりやすく作られた番組は、その詳細は抜きにしてもそういった世界があるのかもしれない。いやあった方が面白のではないかと思わせる説得力がある。壮大な宇宙の成り立ちという非日常的スケールの話に爽快感さえ覚える。

そんな大胆な仮説を打ち立てた彼女は、若者たちへのメッセージとしてこんな言葉を語り掛ける。「直感を信じ、開かれた心を持って自分の興味あるのもごとを勇気を持って楽しむこと」。まるで大航海時代のような開かれた精神の先には、異次元という未知の大海が見えているのだろう。



リサ・ランドール 異次元への招待(1)
ウィキペデイア リサ・ランドール
アマゾン リサ・ランドール『ワープする宇宙―5次元時空の謎を解』く

 【関連記事】
凄い本4 チェーホフ著『犬を連れた奥さん』
凄いオペラ1 ワーグナー『ワルキューレ』
凄い本8 詩情漂う傑作、シャン・サ『碁を打つ女』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
凄い本7 車谷長吉著『赤目四十八瀧心中未遂』
凄い絵画3 ホイッスラー『 灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像』
凄い本10 沢木耕太郎『無名』
凄い映画7 『8人の女たち』
凄い本3 アラーキー大回顧・荒木 経惟『東京人生』
凄い絵画6 マリー・ローランサン『プリンセスたち』
凄いマンガ3 原作はさらに凄い!宮崎駿『風の谷のナウシカ』

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ3 『リサ・ランドール 異次元への招待』

Tag : 物理 YouTube 動画 宇宙 講演 探求

凄い雑誌記事1 BRUTUS (ブルータス)09年6月15日号『篠山紀信の「紀信塾」』

 超一流の写真家の仕事現場の舞台裏を大公開。写真家の自身の解説付きで場面に応じた撮影のコツを指南。篠山紀信という写真家がなぜこれほど長い間、第一線で活躍してこれたのかという秘密が理解できる。
写真・紀信篠山紀信よりもアラーキーの作品世界を好んでいた自分にとって、篠山紀信という写真家は、名前は知っていてもどこか遠い存在だった。そんな考えを一新させるほどのインパクトを与えてくれたのが、雑誌『BRUTUS』の特集「写真がどんどん上手くなる」の篠山紀信の「紀信塾」。

ヌード、アイドル、記念写真など状況に応じた写真の取り方を写真家自身が写真と解説で指南。雑誌に掲載される一枚の写真がどのようにして作られるのかを知る楽しみもあるが、何と言っても凄いのが写真家が被写体に接近していくための対話力。

相手を尊重しながら、いかに心を開かせ、これまでにないの写真を撮るか。そしてそのための心配りの結果から生まれた写真の凄いこと。カメラを意識しない自然なヌードや、まるで今を体現したかのような躍動感溢れるアイドルたちの姿が鮮やかに切り取られている。

60年代から現在まで「激写」や「ヘアヌード」といった話題をも振りまきながら、写真界の第一線で活躍し続けてきた篠山紀信。そんな写真家が積み重ねてきた技術や経験のエッセンスが、この記事にはふんだんに盛り込まれている。

ウィキペディア 篠山紀信
篠山紀信公式サイト
CINRA(シンラ)ネット トーク連載「篠山紀信×○○」
YouTube 『たけしとマナブ』篠山紀信(後編)
アマゾン 『BRUTUS (ブルータス) 2009年 6/15号』 [雑誌]

テーマ : 雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い雑誌記事1 BRUTUS (ブルータス)09年6月15日号『篠山紀信の「紀信塾」』

凄いテレビ2 NHK『LIFE 井上陽水 40年を語る』

 偶然つけたテレビに映っていた井上陽水さんの歌う姿。見るとはなしに見始めた番組は、陽水さんの歌い手としての人生を振り返る番組。40年間の活動を振り返るその姿は、不可解でありながらも面白く、何ともカッコ良かった。
井上陽水陽水さんが、凄い人だと知ったのは沢木耕太郎さんの著書『深夜特急』の文庫本で行われていたで沢木さんとの対談だった。二人が仲の良い友人であることにまず驚いたが、それ以上に驚いたのは、陽水さんの旅の仕方。

当時、陽水さんはまとまった休みが取れると、いきなり空港に行き、その時の気分でチケットを買い、そのまま外国へ行くという旅をしてたのだ。その話を読んで以来、陽水さんという人物がエキセントリックな凄い人だと思うようになった。

しかし、歌い手としての陽水さんのことは、『アジアの純真』のブッ飛んだ作詞家としての凄さは知っていたが、それ以上のことは知らなかった。だから今回の番組、それも第4回の後半30分しか見ていないけれど、陽水さんがアーティストとしていかに凄い人なのかを初めて知ることになった。

その凄さを知っている人にとっては当たり前のことだけど、陽水さんの凄さは、分からないことを分からないままで面白がれる感覚にある。多くの人がすぐに答えを求めるような時代にも、分からないことをそのまま面白がり、そこに生まれる感覚を楽しむ。そんな積み重ねが個性的な視点を生み、「普通」とは違う世界を生み出す。

そんな陽水さんの40年間の歌い手としての人生が、本人や交友ある人々へのインタビュー、好きだったボブ・ディユランの歌、色川武大との関係の中から丁寧にひも解かれていく。特に色川さんとの麻雀中の話。沢木さんとの電話から生まれた『ワカンナイ』という歌の話などは陽水さんという人物の深さ知ることができた。

これまで、いわゆる「団塊世代」と言われる人々の「普通で横並び的」なことに対して否定的な考えを持っいた。しかしそんな世代の人々を分かりやすく一まとめにしまう自分こそ「普通で横並び的」であるということにこの番組を見てつくづく思い知らされた。世代は大きく違っても誰かの真似でなく、自分なりの感覚を追求してゆく。そんな日々の積み重ねが井上陽水という人を作ったのだろう。
(写真は40年間のインタビューを集大成した本『井上陽水 FILE FROM 1969』)
井上陽水公式サイト
ウィキペディア 井上陽水
YouTube 井上陽水Хタモリ ギター漫才『コーヒールンバ』
YouTube 井上陽水『少年時代』
アマゾン 『井上陽水 FILE FROM 1969』

テーマ : TV - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ2 NHK『LIFE 井上陽水 40年を語る』

凄いテレビ1 『仮面ライダーディケイド』の戦闘シーン

 少年期以降、特撮モノの一つである仮面ライダーシリーズを見なくなって随分経つ。しかし、まさか現代の仮面ライダーががこれほど激烈なCG特撮になっているとは思わなかった。
ディケイド
アメリカでリメイクされた特撮戦隊モノがCGを多用し、その影響が日本の特撮モノを変えたこと。さらには何人ものライダーが登場し、互いに戦い合うことなど以前から耳にしていただけに、ユーチューブで驚くほど高い評価を受けていた『仮面ライダーディケイド』の動画を見てこれほど驚くとは思わなかった。

有名な動画サイトならどこででも視聴できるので、ここではアップしませんが、何より凄いのは、その戦闘の激しさと登場して来るライダーの量。それはまるで誰もがスーパーサイヤ人になり、フュージョンという融合技までも生み出した終盤の『ドラゴンボール』を思わせる。

レゴブロックが仮面になったような最新のライダーは、幾つもの異世界を旅しながら過去のライダーの情報を実体化させたり、その必殺技を共有して戦闘をおこなう。またそこには敵か味方かも分からないライダーまで登場し、戦闘シーンはまさにライダーと暴力のインフレ状態。平気で鉄塔を破壊したりと、その傍若無人ぶりも凄い。

正直、それらの戦闘シーンは大人も驚くほどスピード感があり、あまりのかっこ良さについつい、何話も見てしまったのだけれど、果たしてそれを子供に見せていいものなのか冷静に考える必要がある。激しさを求めるあまり、主人公たちに都合の良い暴力がその世界に行き渡っているからだ。

お笑いやグラビアなどを含め現代のメディアは様々な面で過激さを求めてる。もちろんそれは視聴者である我々の要求なのだけれど、その裏には停滞した日本社会に対する深い苛立ちがあるように思えてならない。

ウィキペディア 『仮面ライダーディケイド』
アマゾン 『仮面ライダーディケイド』 VOL.1 [DVD]

テーマ : 仮面ライダーディケイド - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ1 『仮面ライダーディケイド』の戦闘シーン
プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。