スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い美術展1 閉じ込めた時間が作る詩的世界・日下部直起『刻の言葉』

 偶然通りかかった京都・寺町三条北にあるギャラリーヒルゲート。これまでにも何度が尋ねていたその空間の中にあった深みのある色合いの作品。冷やかし半分で覗いたそこには、静かだけれども確かに訴えかけてくる詩的世界があった。
日下部直起
時間の中でさび付いたものや所々剥がれ落ち変色した建物の壁。何の期待もせず見ていたはずなのに、鍵や塔を描いた作品の中に感じられる不思議な広がりに引き込まれていった。そんな作品の作者は1959年生まれで京都にアトリエを持つ日下部直起(くさかべなおき)さん。個展初日とあってギャラリーにいらした日下部さんに作品について尋ねてみた。

5年前、イタリアへ留学をする前は海辺の漂着物や魚の骨などを描いていた日下部さん。しかし昔からのテーマとしてきた「時間を経たもの、風化したものを絵の中で甦らせたい」という思いは変わらないと言う。実際、鍵や塔、古い建物の壁面を描いた作品には、構図や色合いの美しさだけではなく、モチーフ自体が語りかけてくる深みがある。
日下部直起1
なぜそのようなものたちを描くのかという問いには「表面的な美しさよりも、もっと深いその奥にあるものに興味があるから」と語られる。そこには「無駄だと思っているものたちにこそ真実がある。捨てられるものにこそ大切なものがある」という考えがあり、それに基づいて描かれたものたちが作品世界を構成する。
日下部直起2作品世界で甦ったものたちは、これまで経てきた時間という存在によって見る者に語りかける。個展のタイトル「刻の言葉」とはそういう意味で名づけられたものなのだろう。枯れた花や鍵、異国の壁面が語りかける言葉は、ささやかでありながら詩的なふくらみを持って見る者を不思議な世界へいざなう。

そんな世界を生み出す秘訣を「全部実際にあるもの、自分の目で見たものを描いているから。実物の持つ力は想像力を越えている」と教えてくれた日下部さん。これからの作品作りの方向性を「若い時に比べ基調になる色を決めて色彩も削ぎ落とし、1個の作品に対する密度を高めてきた。ヨーロッパに行って光と空間を意識するようになって、まだしばらくはそこで吸収したもので作品を描いていくと思う」と柔和な表情で語ってくれた。
(日下部直起展『刻の言葉』は09年11月8日までギャラリーヒルゲートで開催中)
ギャラリーヒルゲート ホームページ

 【関連記事】
報告6 「これから行く人のための『ボルゲーゼ美術館展』感想」
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都21 『蜷川実花「FLOWER ADDICT」×ジョン・ウィドマン「Relaxation Sensation」』
凄い絵画5 三橋節子『三井の晩鐘』
凄い京都22 秋の静けさが魅力!『海住山寺』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
報告2 『大徳寺曝涼展の牧谿(もっけい)がいかに凄かったか』
凄い本3 アラーキー大回顧・荒木 経惟『東京人生』
凄い奈良3 聖林寺『十一面観音像(国宝)』
凄い本4 チェーホフ著『犬を連れた奥さん』
凄い奈良1 秋篠寺『技芸天』
凄い本8 詩情漂う傑作、シャン・サ『碁を打つ女』
凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』
凄い児童書3 土方正志著『ユージン・スミス―楽園へのあゆみ』
凄いマンガ1 今も輝く宝石・岡崎京子著『冷蔵庫女』
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い美術展1 閉じ込めた時間が作る詩的世界・日下部直起『刻の言葉』

Tag : 個展 美術 秀作

報告5 行けなかった人のための『大徳寺本坊、高桐院・曝涼展』

 少し前、大徳寺曝涼展で見た「牧谿(もっけい)がいかに凄かったか」について書きましたが、この曝涼展、決して牧谿だけが凄かった訳ではない。そこで今回は「今年行けなかった人、来年行きたい人のための大徳寺曝涼展」を書きます。
李唐210月第2週目の日曜日、晴れた日にしか見れない大徳寺本坊曝涼展。この何が凄いかと言うと、約200点ほどの書画が掛けられたその下に見え隠れするのは、重要文化財の狩野探幽筆・山水図襖絵。多くの人がこの日のために方丈に詰め掛けるが、誰一人その下の襖絵には目を向けない。この日ばかりは探幽の襖絵も形無しと思えるほど部屋中の寺宝は素晴らしい。

すでに紹介した牧谿を除いても、国内の絵師では明兆、等伯、探幽らビッグネームの作品を手が届く距離で見ることができる。また日頃は見る機会のない中国絵画の顔輝、日観の秀作、作者が明らかでない良品、歴史的価値の高い書画などが一堂に会している。優れた書画の数々が次々と現れるこの展示、見終わった後にはただ凄かったと感嘆する以外にない。
銭選1
またこの日は本坊だけでなく、大徳寺内塔頭の高桐院でも曝涼展が行われておりそちらも必見。探幽の普賢、文殊菩薩、永徳の維摩図などから、応仁の乱で荒廃した大徳寺を復興した一休の墨蹟。さらには李唐筆、国宝・山水図、秀吉が主催した北野大茶会で使用された銭選の牡丹図双幅など寺宝というに相応しい書画の数々を見ることができる。

日頃は美術館や博物館の展示ケースの中でしか見れないような傑作の数々が、驚くほど無造作な感じを漂わせて部屋中に掲げられた2つの曝涼展。一体いつから始まったのかは分からないが、たとえ年に一日でも、このような贅沢なも催しが当たり前のように続いていることが、京都の奥深さなのだと思う。
(写真は李唐の山水図と銭選の牡丹図)

ウィキペディア 大徳寺
コトバンク 李唐
ウィキペディア 銭選

 【関連記事】
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い京都15 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画』
凄い京都7 豊国神社・狩野内膳筆『豊国祭礼図屏風』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 報告5 行けなかった人のための『大徳寺本坊、高桐院・曝涼展』

Tag : 京都 美術

考察1 『ルーブル美術館展(17世紀のヨーロッパ絵画)の展示のあり方』

 フェルメールの『レースを編む女』、ベラスケスとその工房の『王女マルガリータの肖像』、ラ・トゥールの『大工ヨゼフ』、、ドロストの『バテシバ』などを中心した17世紀のルーブルコレクションの数々が出品されていた今回の展覧会。しかし、個々の作品ではなく、美術展自体としては、もう一つ腹に染みてこなかったのはなぜだろうか。
ルーブル美術館展
その理由を考えるには、なぜヨーロッパで美術史という学問が研究され続けてきたのかを考える必要がある。エジプト、ギリシャ、ローマ、ルネサンス期と国家の繁栄と共にその中心を移してきた美術の歴史。16世紀の宗教改革や科学、航海術の発展と共にその中心はスペイン、オランダ、フランスへと移っていく。

そしてその歴史は神を中心とした中世的支配から、国家や国王を中心とした国家的支配の歴史となり、それは宗教改革と科学の発展なしには考えられない。新大陸の発見や無敵艦隊の力で栄光を極めたスペイン。宗教改革の波を受けて自由な気質と商業力でスペインから独立したオランダ。太陽王ルイ14世を中心にヨーロッパ最大の人口を武器に政治、文化の中心となったフランス。

そういった歴史的背景なしには、17世紀のヨーロッパの美術というものを真の意味で理解することはできないのではないか。さらに神への信仰から王を中心とした人間の世紀への移り変わり。科学の発展という光と、中世の闇との交錯。そういった明確な視点なしで展示された17世紀の美術は、作品別に見れば凄いけれども、その背後に何があるのかという深い理解には至らないのではないか。


今回のルーブル展は、出品され作品の質が良かっただけに、その背後にある美術史やヨーロッパ史まで理解した展示がされていなかったことが残念でならない。昨今、国内ではルネッサンス期やヨーロッパの有名美術館の展覧会の開催が続いているが、出品作品の質だけでなく、明確な美術史的、ヨーロッパ史的視点に立った良質な展示をして欲しい。

【関連記事】
凄い絵画2 フェルメール『絵画芸術』
凄い京都13 『桂離宮と修学院』
凄い東京2 『ブリジストン美術館』
凄いオペラ1 ワーグナー『ワルキューレ』
凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画』

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 考察1 『ルーブル美術館展(17世紀のヨーロッパ絵画)の展示のあり方』

Tag : 美術 歴史 ヨーロッパ フランス 京都

凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』

 この人が村上隆や奈良美智を世に送り出した人だとは知らなかった。ただで言っている言葉の中に、ひどく真っ当な批判精神と、美術に対する深い愛情があった。たった10分の映像にそんな思いを凝縮できるこの人を凄いと思った。
小山登美夫美術に対する愛情なら、そこらの人には負けないと自負している。しかし現代美術は、村上隆さんまでしか美術史的理解ができていない。その先に広がったまだ海のものとも山のものともつかない世代の美術については、好き嫌いはあるが正確な評価をできないでいる。

小山登美夫ギャラリーを運営する小山さんは、村上さんや奈良さんがまだ海のものとも山のものともつかなかった時代に、彼らの作品を紹介してきた、言わば現代美術の「目利き」だ。そんな彼が語る「クールジャパンの行方」は、自身の見る目を養う必要性を説く。

他人の意見に頼ることなく、自身の目や価値観で物事を見極める。そんな経験の積み重ねが過去の歴史や価値を理解し、その先に新しい価値観を作り出す。それは決して美術分野に限ったことでなく、我々一人ひとりが達成しなければならない課題である。未来をより良いものにするためには必要不可欠なスキルなのだ。


(写真は小山さんの著書『現代アートビジネス 』)
YouTube 視点・論点『クールジャパンの行方』
蜷川実花×ギャラリータグボート・小山登美夫プロフィール
アマゾン 『現代アートビジネス 』(アスキー新書 61)

【関連記事】
報告1 『押井守監督参加セミナー』

テーマ : 動画 - ジャンル : コンピュータ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』

Tag : 日本 美術 アート 現代美術 京都 YouTube ギャラリー

凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画「仏伝図」』

 歴史的文化財を訪ねて行った四天王寺。大阪大空襲で残っていた建物のほどんどが焼失した境内には、歴史的建造物は残っていなかった。しかし再建された金堂の壁面には、釈迦の一生を美しく描いたこの障壁画があった。
中村岳陵堂内に障壁画があることも、中村岳陵という画家の名前も知らなかった。だから障壁画を見た時の衝撃は大きかった。穏やかな色彩と筆使いで描かれた釈迦や摩耶夫人の姿は、あくまで美しく現代的。70代に手の届こうとする作者が描いたものだとは信じられなかった。

また登場する女性たちの姿には、寺院の障壁画としては行き過ぎに思えるほどの艶やかさがあり、その美しい姿や眼差しが見る者を魅了する。昨年、横浜美術館で行われた回顧展を見逃しただけに作者の全体像は理解していないが、この作品が代表作であることは間違いない。

御札のような経木(きょうぎ)に亡くなった人の戒名を書いて亀井堂の水盤に沈める風習や放生会の名残が残る亀ノ池など古い信仰の形が残る四天王寺。日本最古の官立寺院の金堂に、釈迦の一生を描いた素晴らしい障壁画があることをもっと多くに人に知って欲しい。
(写真は障壁画にも描かれた摩耶夫人)
ウィキペディア 中村岳陵
ウィキペディア 四天王寺

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画「仏伝図」』

Tag : 美術 歴史 日本画 寺院

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。