スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄いニュース4 『市民講座「宇宙と物質の謎に迫る」』

 少し前に紹介した『リサ・ランドール「異次元への招待」』やアインシュタインの『E=mc²(E=mc^2)』を書いて以来、自然と興味を持ち出した宇宙や物質の不思議。そんな不思議に最新の成果で答えてくれるかもしれない講座が京都で行われる。
宇宙と物質の謎物理学における最先端の成果を一般市民に広く知ってもらう目的で行われるこの講座。2回目を迎える今回は、素粒子といったミクロな世界からブラックホールや宇宙といったマクロな世界までの3つの講演が行われる。

講師はいずれも京大で物理学を研究しておられる3名の教授。講演終了後には講師陣と歓談の場が設けられており、疑問や質問を直接講師に尋ねることができる。開催日は10月31日(土)で、開催場所は京都大学百周年時計台記念館大ホール。.申し込み締め切りは10月27日までたが、500名の定員に達し次第募集を打ち切るとこことなので早めに申し込みを。詳しくは京都大学物理学GCOEグローバルCOEプログラム公開講演会まで。講演参加費は無料。
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いニュース4 『市民講座「宇宙と物質の謎に迫る」』

Tag : 京都 京大 宇宙 物理 講演

凄い方程式1 『E=mc²(E=mc^2)』

 言わずと知れたアインシュタインの特殊相対性理論から導き出された方程式。物理学についてはあまり詳しくないので、その方程式の理解できた部分から感じる凄さを説明してみたい。
アインシュタイン
広島や長崎に落とされた原子爆弾を生み出す契機ともなったこの方程式。E(エネルギー)はM(質量)とC(光速)の2乗を掛け合わせた数値に等しいと言われただけではもう一つピンと来ない。

特に光速の2乗(1秒間に約30万キロメートルの2乗)という巨大な数値がなぜ登場してくるのかが分からない。しかし原爆を生み出したエネルギーが何かと考えると、そこからこの方程式の凄さの一端が見えてくる。

不安定なウランやプルトニュームの核分裂反応のエネルギー(原子核の陽子と中性子の結合エネルギー)を利用した原爆。しかし実際に反応を起こしたのは広島型原爆でたった1キログラムほどだという。

そしてその時失われた質量(約7グラム)に光速の2乗を掛け合わせた数値が原爆のエネルギー。わずか7グラムの原子核の分裂エネルギーがもたらしたものが、あれほどの力をもっていた。

そこから考えられるのは、現在の科学では実際のエネルギーを取り出すことはできないが、E=mc²の方程式の質量に人体の重さを代入してみると、そこ存在するエネルギーは、70キロの人間の場合、原爆の約1万倍のエネルギーに相当する。

そして現在、そんな人類が68億。さらに動物や植物、鉱物や無生物といった地球上の全ての重量。その上、宇宙全体の持つ重量という莫大なエネルギー。自らの内にも外にもエネルギーが満ちている。その事実を、たった一つの数式で示してくれることがこの方程式の凄いところだ。

 今回、このE=mc²の凄さを歴史的に教えてくれた動画がYouTubeにあったので、その動画を紹介しておきます。



Youtube E=mc²動画(1)
ウィキペディア E=mc²
ウィキペディア アルベルト・アインシュタイン

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い方程式1 『E=mc²(E=mc^2)』

Tag : 物理 歴史 宇宙 YouTube 動画 探求

凄いテレビ3 『リサ・ランドール 異次元への招待』

 ニュートンですら自身の発見を「真理の大海を前にして、海辺で美しい石や貝殻を拾っているようなものにすぎない」と言ったということが、決して誇張ではないかもしれない。そんな気持ちにさせてくれる、いささか現実離れした異次元についての番組。
リサ・ランドール
立体的な3次元と時間を含めた4次元。そこが我々の暮らす世界である。しかし実は、その世界は我々には認識できない5次元世界の中にある薄い膜のようなものでしかない。

そんな途方もない仮説を提唱しているのがハーバード大学で教鞭と執る論理物理学者のリサ・ランドール教授。彼女が2007年に来日した時、その仮説について行った講演やインタビューをまとめた番組がYouTubeにあった。

物理が苦手な人にでも分かりやすく作られた番組は、その詳細は抜きにしてもそういった世界があるのかもしれない。いやあった方が面白のではないかと思わせる説得力がある。壮大な宇宙の成り立ちという非日常的スケールの話に爽快感さえ覚える。

そんな大胆な仮説を打ち立てた彼女は、若者たちへのメッセージとしてこんな言葉を語り掛ける。「直感を信じ、開かれた心を持って自分の興味あるのもごとを勇気を持って楽しむこと」。まるで大航海時代のような開かれた精神の先には、異次元という未知の大海が見えているのだろう。



リサ・ランドール 異次元への招待(1)
ウィキペデイア リサ・ランドール
アマゾン リサ・ランドール『ワープする宇宙―5次元時空の謎を解』く

 【関連記事】
凄い本4 チェーホフ著『犬を連れた奥さん』
凄いオペラ1 ワーグナー『ワルキューレ』
凄い本8 詩情漂う傑作、シャン・サ『碁を打つ女』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
凄い本7 車谷長吉著『赤目四十八瀧心中未遂』
凄い絵画3 ホイッスラー『 灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像』
凄い本10 沢木耕太郎『無名』
凄い映画7 『8人の女たち』
凄い本3 アラーキー大回顧・荒木 経惟『東京人生』
凄い絵画6 マリー・ローランサン『プリンセスたち』
凄いマンガ3 原作はさらに凄い!宮崎駿『風の谷のナウシカ』

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ3 『リサ・ランドール 異次元への招待』

Tag : 物理 YouTube 動画 宇宙 講演 探求

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。