スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い京都14  『桂離宮と修学院』

 桂離宮と修学院、共に江戸初期の幕府と皇室の融和政策の中で生まれた離宮。繊細な造りが魅力の桂離宮と雄大な眺めを取り入れた修学院。二つは大きな違いを持ちながらも、共に俗世とは隔てられた別天地を作り出している。
桂現在でも宮内庁が管轄し、事前申し込みがなければ参観できない2つ離宮。紅葉が美しい時期に見学してもらおうと紹介時期を見計らっていたら、宮内庁のサイトには2つの離宮の申し込みがすでに12月上旬まで満員であると書かれていた。

それほどの人気を誇る2つの離宮だが同時期のものとは思えないほど大きな違いを見せる。桂離宮は八条宮智仁(1579-1629)、智忠(1620-1662)両親王の親子2代にわたって整えられた離宮。月の名所として知られた桂に智仁親王が古書院を建てたのを始まりとし、一時荒廃していた離宮を息子の智忠親王が増築、改修しほぼ現在の姿に整えられた。

舟遊びもできる巨大な池泉回遊式庭園や、デザイン生に優れた敷石などみどころは多い。しかし離宮最大の魅力は細部にまで神経の行き届いた建物内部の作りと斬新なデザインだけに、その凄さを間近に感じることができないのは残念でならない。
修学院
一方の修学院は、智仁親王の甥にあたる後水尾天皇(1596-1680)が場所や建物の選定に関わり、幕府によって整えられた離宮。紫衣事件など幕府との衝突の多かった個性的な天皇なだけに、その意志が反映した離宮もまた個性的。見通しの利く隣雲亭からの雄大な眺めや、山裾に包まれながら広がりのある雰囲気は、他の庭園にはなない造り。

桂垣として知られた垣によって囲われ、建物や庭園の細部に美を探求した桂離宮。それとは異なり、見通しの利く雄大な景色を借景とし、広がりのある世界を作り上げた修学院。2つの離宮は異なる特徴を持ちながら、共に江戸初期という時代が持つ繊細さと雄大さという二面性を感じさせてくれる。

宮内庁ホームページ参観申し込み
ウィキペディア 桂離宮
ウィキペディア 修学院離宮

【関連記事】
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』
凄い本4 チェーホフ著『犬を連れた奥さん』
凄い京都8 『法金剛院・阿弥陀如来坐像』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都14  『桂離宮と修学院』

Tag : 離宮 庭園 紅葉 デザイン 江戸時代 皇室 歴史 建築

凄い京都10 草庵茶室『松花堂』

 三千家の室を除く、京都周辺の室を見てきた中で最も印象に残った室。淀川の対岸にある利休作『妙喜庵』とは別の意味で一つの極みにたどり着いた建築。
松花堂京都と大阪の境目にある八幡市は、男山にある石清水八幡宮や神応寺、秦勝寺、流れ橋など隠れたみどころを持つ地域。中でも飛び抜けて素晴らしいのが松花堂庭園内にある草庵室『松花堂』。

江戸時代初期の僧侶であり、書、絵画、道に優れた才能を発揮した松花堂昭乗が晩年に築いた草堂がこの室。畳二畳の空間に茶室、住居、持仏堂を兼ね備えた建物は一切の無駄を省いた究極の世界。松花堂という人物の洗練された美意識を実感できる。

また茶室が移築されている庭園には、他にも遠州、宗旦の茶室を再現した建物が建てられており、それぞれの茶室の特徴を味わえるのも面白い。「寛永の三筆」として知られながら、現在は松花堂弁当に名前を残す以外、多くの人は知ることのない松花堂昭乗。しかしその美意識はこの茶室にしっかりと刻み込まれている。

(ちなみに八幡の寺院のほとんどが特別公開日のみの拝観か事前連絡が必要)
ウィキペディア 松花堂昭乗
松花堂庭園・美術館ホームページ
八幡市観光協会ホームページ 仏閣等

 【関連記事】
凄い京都13  『桂離宮と修学院』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』
凄い京都15 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都8 『法金剛院・阿弥陀如来坐像』 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都10 草庵茶室『松花堂』

Tag : 京都 歴史 庭園 江戸時代

凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』

 『家庭画報』の読者招待で行った「大和今井を見る、食べる会」。期待もしていなかったその会で、今井に残る建築や街並みの凄さに驚かされた。そこで知ったのは過去の遺産に残された先人の知恵の集積だった。
今井町飛鳥や吉野方面に行くために何度も通ったことがある今井町。しかしそこに、これほど凄い街並みが残っているとは知らなかった。東西約600m、南北約300mの町内に広がる光景はまるで江戸時代。9つの重要文化財住宅をはじめとする建造物群が不思議な世界へいざなう。

かって「大和の金は今井に七分」といわれたこの町が、これほど発展した理由は情報と交通の拠点になったこと。天文年間(1532-1555)に初期浄土真宗を支ええていた遍歴の商工業者たちが京都、大阪、伊勢につながるこの地に現在の称念寺となる道場を建てたことが町の起こり。

以来、町の発展と共に環濠や土居(土塁)をめぐらし商工業都市として発達。町内は9つの門や折れ曲がった通りで城塞化されており、総年寄による自治が行われていた。また建物には防災対策やかまどの煙を利用した防虫対策、さらに生活の知恵を盛り込んだ技術が当時のまま残されている。

しかしこれらの知恵の凄さは生活習慣や居住空間が変化してしまった私たちには理解できない。観光ガイドの説明が必要不可欠。また見学可能な住宅の多くは現在も家屋として使用されているので、毎年5月の第2土曜、日曜に行われる「今井町街並み散歩」に参加するのがお勧め。当時の賑やかさを取り戻した街並みで、先人たちの知恵に触れて欲しい。

ウィキペディア 今井町
今井町の写真を多数掲載したホームページ日本の旅

 【関連記事】
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都14  『桂離宮と修学院』
凄い京都15 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い京都16 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』

Tag : 奈良 歴史 江戸時代 建築

凄い中国1 上田宗箇作『縮景園』

 原爆により、歴史的文化財のほとんどか消えてしまった広島にあって、不思議と落ち着く江戸初期の庭園が縮景園。特別目を引くものがある訳ではないが、全体としての統一感と庭園に対する深い思想のようなものが感じられる庭園である。
縮景園この庭園を見たあと、和歌山の和歌山城西の丸庭園や粉河寺庭園といった庭園を巡り、そのどれもが戦国武将であり、茶人でもあった上田宗箇が作庭した庭であることに驚いた。

それぞれに特徴の異なる庭園でありながら、そのどれもに自分を強く引きつける何かの存在を感じたからだ。中でも最初に出会った縮景園は庭園についての知識も乏しかった時に、予期せずその凄さを感じた庭園だけに強く印象に残っている。

開けた感覚を味わえる園内には、こまごまとした見どころが各所に設けられており、ただ歩いているだけでも気分が安らいでくる。また一年を通して花々が楽しめ、行き届いた手入れにより気持ちよく園内を回れることも素晴らしい。

作庭家の上田宗箇は戦国の乱世を自らの刀一本で武勲をたて、その後は豊臣、徳川の権力の狭間で微妙な立場に立たされた。粉河寺庭園のように荒々しさを前面に出した庭園を造ったかと思えば、この庭園のように統一感を持った優れた庭園も作庭する。それは乱世と安定という二つの時代を生き抜いた男の精神史でもあるのだろう。

縮景園ウェブサイト
ウィキペディア 縮景園
ウィキペディア 上田重安(宗箇)

 【関連記事】
凄い京都14  『桂離宮と修学院』
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い京都6 高台寺・円徳院『北庭』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い京都15 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い京都16 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
凄い京都17 地獄に最も近い場所『千本ゑんま堂(千本えんま堂)』

テーマ : 中国・四国 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い中国1 上田宗箇作『縮景園』

Tag : 広島 庭園 歴史 江戸時代

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。