スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い京都25 国宝・西本願寺『飛雲閣』

 京都市内に数多く残る秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝わる建造物。中でも最も華やかで、高貴な雰囲気を漂わせているのが西本願寺・飛雲閣。金閣、銀閣と共に「京都三閣」(高い構えの建物)の一つで国宝指定を受けたこの建物が11月8日(09年)に行われる「下京門前町ルネッサンス」の一環として無料公開される。
飛雲閣以前は申し込みさえすれば、時期に関係なく見学だできたこの建物も、最近では特別公開などの時期しか見れなくなってしまった。年に1、2度しかないそんな機会の一つとなったのが今回の「下京門前町ルネッサンス」。通常の拝観と同じく建物に入ることはできないが、日頃は高い壁に囲まれ見ることにできないこの建築を無料で見学できる。

滴翠園(てきすいえん)と名づけられた庭園の、池に面して建てられた建物は3層からなる楼閣で、各層が変化に富んでいる。初層は入母屋造で、内部には池から直接、船で出入りできる舟入の間や蒸し風呂式の浴室がある。中層は寄棟造で外の板戸には三十六歌仙が描かれており、歌仙の間という部屋がある。上層は宝玉造で摘星楼と名づけられた草庵風の茶室。

このように外観も内部構造も他では見れな変化に富んだ飛雲閣。寺院でありながら皇室や公家、さらには武家との深い関わりを持っていた西本願寺という大寺院を、象徴するかのような複雑かつ華やかな建物がそこにある。

本願寺(西)ホームページ 下京門前町ルネッサンス告知
ウィキペディア 西本願寺
ウィキペディア 聚楽第

 【関連記事】
凄い京都14  『桂離宮と修学院』
凄い奈良1 秋篠寺『技芸天』
凄い能1 『船弁慶』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
報告5 行けなかった人のための『大徳寺本坊、高桐院・曝涼展』
凄い本15 桑原武夫『論語』
凄い奈良3 聖林寺『十一面観音像(国宝)』
凄い本8 詩情漂う傑作、シャン・サ『碁を打つ女』
凄い京都19 大徳寺高桐院茶室『松向軒』
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』
凄い京都7 豊国神社・狩野内膳筆『豊国祭礼図屏風』
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都25 国宝・西本願寺『飛雲閣』

Tag : 京都 建築 歴史 国宝

凄い京都24 『府庁旧本館知事室と「まちかどミュージアム」の美術展』

 今から105年前の明治37年(1904)、ちょうど日露戦争の真っ只中に完成した府庁旧本館。現役の官公庁建造物としては最古という建物の内部で、最も贅沢に作られた旧知事室。そこにあるものは100年という時間を感じさせない上質な雰囲気を漂わせている。
府庁旧本館
今年は通常より長い御所の公開に合わせ、開催されている「府庁界隈まちかどミュージアム」。その関連行事に参加するために訪れた府庁旧本館。西洋建築には興味が無かったはずなのに、すっかりその魅力の虜となったその内部。中でも明治38年から昭和46年までの67年間、24人の知事が使用していた旧知事室は凄かった。
旧知事室
2階南東の隅にあるその部屋の、窓からは比叡山と大文字山。通常の1・5倍ほどの高さを持つ室内はギリシャのコリント様式に最上の木曽桧(ひのき)を織り交ぜた日本独自の建築手法。柱や梁に彫刻されたギリシャの国花・アンカンサスがそれを示している。作者は京都ハリストス正教会などの建築でも知られる松室重光。現在ではこの部屋を含む建物全体が重要文化財となっている。

赤い絨毯の敷かれた空間に配置された知事執務机をはじめとする家具類は、当時最高級の西洋家具を作ることで知られた東京の杉田商店製。壁面の暖炉のマントルピースはイタリアから輸入した大理石彫刻。100年前の面影をそのまま残した空間は09年11月29日からNHKで放送される『坂の上の雲』の主人公役の本木雅弘さんの回想シーンにも用いられたという。
府庁旧本館
「まちかどミュージアム」期間中は土日も含め、それ以外の時は平日なら申し込み不要で見学ができるこの空間。現代とは違う空気が満ちたこの場所で、当時の時代背景や、ものに宿った昔の記憶の片鱗を味わってみるのも面白い。なお、「まちかどミュージアム」期間中は2階建物西側で京都府が友好提携を結ぶロシア連邦のレニングラード州の児童、生徒絵画展や京都府関連の若手作家の美術展が行われており、特にロシア児童の絵画には驚くほど良質な作品があったりして、そちらも十分楽しめる。

京都府ウェブサイト 京都府庁旧本館の公開
ウィキペディア 京都府庁旧本館
ウィキペディア 松室重光

 【関連記事】
凄い京都14  『桂離宮と修学院』
凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』
凄い京都(大阪)13 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』
凄い京都19 大徳寺高桐院茶室『松向軒』
報告6 「これから行く人のための『ボルゲーゼ美術館展』感想」
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い本3 アラーキー大回顧・荒木 経惟『東京人生』
凄い京都16 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』
凄い雑誌記事1 BRUTUS (ブルータス)09年6月15日号『篠山紀信の「紀信塾」』
凄い京都(大阪)13 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』
凄いオペラ1 ワーグナー『ワルキューレ』
凄い本10 沢木耕太郎『無名』
報告2 『大徳寺曝涼展の牧谿(もっけい)がいかに凄かったか』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い映画4 『おくりびと』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都24 『府庁旧本館知事室と「まちかどミュージアム」の美術展』

Tag : 歴史 建築 京都 秀作

報告6 「これから行く人のための『ボルゲーゼ美術館展』感想」

 先週行った正倉院展の初日が開館直後30分待ちだったこともあり、会館時間に合わせて行ったこの展覧会。しかし到着してみると列どころか混雑もなく驚くほどスムーズに見学でき、拍子抜けしてしまった。「プライベートコレクションの女王」と呼ばれているこの美術館が、これほどの作品を海外に出品したのは初めてという展覧会。果たしてその内容は?
ボルゲーゼ結論から言ってしまうと、映画の予告編のような展覧会だったという感じ。日本ではまとまって見ることができないルネサンスやバロック期の秀作を見れるという期待が大きすぎたせいなのかもしれない。もっと良いものが来るだろうと思い込んでたせいかもしれないが、見終わった後の感想は期待していたほどではなかったというもの。
レダ
確かにラファエロの『一角獣を抱く貴婦人』は良かったし、レオナルド・ダ・ヴィンチの『レダ』を模写した作品は、模写でさえこのレベルなら、実物はどれだけ凄かったのかと驚いたけれど、展覧会全体としてはもう少し目玉が欲しかった。実際、今回の出品はこの美術館の傑作からほんの一部が紹介されただけで、その全貌が知りたければイタリアまで行くしかない。

しかし、そうは言ってもルネサンスからバロックまでの美術の流れを、まとまった量で理解できたのは良かった。その流れに続く17世紀の作品群を、先月まで行われていた『ルーブル美術館展』で見たいただけに、この時代の大まかな美術の流れをその時代の作者や主題を通して、知ることができたことは大きい。

幾つかのモザイク画から始まる展示は、神が支配する世界から人間の知恵の光が差し込みだすルネサンスという潮流に乗って驚くべき才能を生み出していく。そんな才能が作り上げた作品が『一角獣を抱く貴婦人』や『レダ』、そしてボッティチェリの傑作の中に秘められた言葉にならない感動のを生み出しているのだと思う。

そしてあまりにも完成されたルネサンスの表現が、その後に続く者たちの重荷となってしまう。圧倒的な存在が身近にあることで試行錯誤におちいり、マニエラ(手法)を模索するマニエリスムという時代が始まる。それは歴史的流れで振り返ると、背後に神の存在を失いだした人間の不安と迷いの表れのようにも見える。
ボルゲーゼ卿
さらにそこから登場したバロック美術は、より人間的な感情を取り入れた人間主体の方向へと舵を切り出す。神や教会の権威は依然力を持っが、その中心はあくまで人間。このコレクションの礎を築いたボルゲーゼ卿の彫刻を作ったベルニーニやカラヴァッジオの作品の中にも豊かな感情表現を感じることができる。

このようにルネサンスからバロックまでの時代の流れを、優れた作品を通して感じることができるこの展覧会。本当の傑作に出会うためにはローマやフィレンツェまで行かなければならないのだから、その枠組みを掴むためにも行っておく価値はあると思う。
(ちなみに09年11月12日は、天皇即位20周年記念ということでボルゲーゼ美術館展の入場料が無料になります)
ボルゲーゼ美術館展 京都展公式サイト
ウィキペディア ボルゲーゼ美術館
ウィキペディア ルネサンス美術
ウィキペディア マニエルスム
ウィキペディア バロック美術

 【関連記事】
考察1 『ルーブル美術館展(17世紀のヨーロッパ絵画)の展示のあり方』
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
凄い京都7 豊国神社・狩野内膳筆『豊国祭礼図屏風』
凄い奈良1 秋篠寺『技芸天』
凄い京都21 『蜷川実花「FLOWER ADDICT」×ジョン・ウィドマン「Relaxation Sensation」』
凄い戯曲1 史上最強の悲劇・ソポクレス著『オイディプス王』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い本7 車谷長吉著『赤目四十八瀧心中未遂』
凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』
凄い能1 『船弁慶』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 報告6 「これから行く人のための『ボルゲーゼ美術館展』感想」

Tag : 美術展 西洋美術 歴史 京都

凄い歴史2 千本えんま堂の『ふげんぞう桜』

 先日紹介した千本えんま堂にある「ふげんぞう桜」。この桜はえんま堂が発祥の地として知られる品種。足利義満の時代から植え継がれてきたこの木には、「えんま堂狂言」の起源となった以外にも幾つかのエピソードが秘められている。
閻魔堂「ふげんぞう桜」という名前の由来は、咲き誇った花びらが、普賢菩薩が乗る白象に似ていることから来たという。特にここにある桜の花は、なぜが花が房ごと落ちてしまうため、実も種も取れす次の世代を植え継ぐことが難しいのだという。

葬送地であった船岡山の麓には古くから刑場が置かれ、房ごと落ちるその花は斬首される囚人の姿を思わせると言うことで、中世の所司代は囚人たちにその花の姿を見せ、仏心を起こさせたと言われている。散りゆく花のはかなさはいつの時代も人の心に淡い哀しみを残す。

応仁の乱で京都中が戦火に巻き込まれ、多くの貴族や僧侶たちが近江や堺や周防などに避難を余儀なくされた。五山送り火で知られる如意ヶ岳の「大」の文字の筆跡の人物とも言われている横川景三(おうせんけいさん)は、長い間愛でることができなかったこの桜を見て次のような漢詩を残している。

  七年不見普賢堂   蹀亦東西難過墻 

  乱後逢花春夢似   一枝晴雪満衣香

 (七年振りのこの桜  東西の対立は長引き

  戦後の花は夢のよう 雪に見まがう香が満ちる)

一本の桜にも様々な物語が付随する。そんな人々の伝承によって伝えられてきた物語をこれからも紹介できたらと思う。

ウィキペディア 横川景三

 【関連記事】
凄い歴史1 『祇王と仏御前の話』平家物語1
凄い京都3 冥界の入り口『六道珍皇寺』 
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い歴史2 千本えんま堂の『ふげんぞう桜』

Tag : 漢詩 京都 歴史

凄い動画8 『YOKOSO!JAPAN動画』

 サイトの新たな機能(RSSやブックマーク)の追加で更新ができていなかったこのブログ。しかしこの動画を見ていたら、無性に旅がしたくなった。さあ、台風が通り過ぎた週末には各地に秋を探しに行こう。
じゃぱん
学生時代から住む京都の街。そして日本各地の美しい風景が映されたこの動画。少し前から日本に外国人観光客を呼び込もうと始められたビジット・ジャパン・キャンペーン。その一環として作られたこの動画。一切の言葉をはぶいた映像と音楽だけで構成された作りだが、四季の風景や人々の姿は、日本に住む者にとっても美しい。

しっとりとした風情や、花鳥風月といったこの国の人々の中にに綿々と続いて来た自然と情感が一つとなった世界。日々の忙しさの中で忘れてしまいがちなその美しさを再確認させてくれる映像美。春や秋の花や木々に思う儚さ。人々の動きや音の中に残る余韻。そういった日頃の生活の中にひっそりと佇む美しさをこの映像は教えてくれる。

多くの人々が生きて、様々な歴史や文化を生み出してきたこの世界。その一つのありようが、日本という自然豊かな環境で独自の発達を遂げて今の私たちがある。一つの花の花びらに、燃えるような紅葉の一枝にそんな思いを感じることができるのも、過去を生きた人々の美意識が私たちの中にあるからだ。



YouTube YOKOSO!JAPAN動画
ウィキペディア ビジット・ジャパン・キャンペーン

【関連エントリー】
- 文化ブログ はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄い京都9 嵯峨・嵐山『清涼寺』 はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄い京都11 『おめでとう!吉田寮ほぼ100周年祭』その1 はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄い映画8 『バベル』 はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄い奈良7 『今井町・伝統的建造物群』 はてなブックマーク数
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

テーマ : 動画 - ジャンル : コンピュータ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い動画8 『YOKOSO!JAPAN動画』

Tag : 京都 歴史 日本 動画 Youtube

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。