スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄いアニメ9 ひと夏の成長物語『時をかける少女』

 正直この作品を見る前は、過去に映画化した作品を、なぜ今さらアニメにするのかが分からなかった。それに主人公の声や人物の絵柄にも違和感があり、多くの人が評価する作品と知りながら、あえて見ようとはしなかった。しかし今回、この作品を見て思ったのは、しっかりと作品に込めたい思いがあれば、リメイクも、そして大胆なアレンジもやってみるべきだということだ。
時をかける少女
アニメに関する情報を集めだして以来、この作品の評判が異常に良いことは知っていた。だからテレビ放映された時も一応気にしていたが、わざわざ時間をかけて見る必要はないと思っていた。それは自分の中にリメークに対する先入観があったからだと思う。リメークは最初の作品より優れた作品になることはないといった様な。

この作品はそんな不確かな先入観を気持ちよく打ち砕いてくれた。確かに今でも主人公の騒々しさや人物の絵柄は好きでなが、この作品の優れたところは理解できる。「時をかける」という意外な設定を用いながら、そこに込めた思いは過ぎ去った時間は決して取り戻せないこと。そしてだからこそ自分の決断を大事にしなければならないということ。

主人公の少女の軽率な時間移動が生み出す現実の変容。それが積み重ねっていくことで狭められていく可能性。そんな中で少女は自分の深く考えてこなかった気持ちや未来の目標を見出していく。それはまだ子供だった少女のひと夏の成長の物語であり、喪失と決断によって生み出された新たな自己獲得の物語であった。

設定を大幅に変え、現代に通じるスピード感で終盤へ収束していく物語の完成度が素晴らしい。しかしそれだけでなく、取り返しのつかないことを招いた絶望感。そこからもう一度立ち上がり世界に向き合う姿勢が素晴らしい。この作品はリメイクでありながら、細田守という監督が若い世代へと伝えたかったメッセージを込めた作品となっている。そしてそのメッセージは世代を越えて昔若かった世代にも届く力強さを持っている。

ウィキペディア 『時をかける少女』(アニメ映画)
ウィキペディア 細田守
アマゾン 『時をかける少女』 通常版 [DVD]

 【関連記事】
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄いアニメ4 『東のエデン』
凄いマンガ3 原作はさらに凄い!宮崎駿『風の谷のナウシカ』
凄い講演1 実績が持つ説得力『井村雅代さん講演』
凄い映画7 『8人の女たち』
凄い映画9 『恋におちたシェイクスピア』
報告1 『押井守監督参加セミナー』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
凄い映画2 予想外の結末が凄い『ゲーム』
凄い映画4 『おくりびと』
凄いアニメ1 『涼宮ハルヒの憂鬱』
凄い映画5 センスとアイデアの勝利『バウンド』
凄い映画6 アクション映画の最高峰『フェイス/オフ』
考察3 『今なぜアニメなのか』
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いアニメ9 ひと夏の成長物語『時をかける少女』

Tag : アニメ 映画 秀作

凄い映画10 『つきせぬ想い』

 古典的なラブストーリーで、真新しいものは何もないけれど、味わい深い脚本を、返還前の香港を背景に抒情溢れる作品に仕上げた秀作。特に主演のアニタ・ユンの演技は見る者を魅了する。
つきせぬ想い
3年ほど前、映画やドラマとなった『タイヨウのうた』。実は企画段階ではこの作品がリメークされるはずだったという。しかし時代背景とのずれから、オリジナル脚本を採用。その経緯は主人公がミュージシャンという設定など幾つかの共通点に残っている。

売れない作曲家と音楽一座の家庭に育った若い娘。何の接点もなかった二人は、作曲家が彼女の家の二階に越してきたことから少しずつ近づいていく。ひまわりのように明るい娘は、何もかもが上手くいかずにいる作曲家を、彼女なりのやり方で励まし元気づけていく。

彼女のお陰で音楽に対する熱意を取り戻した作曲家は、飾り気のない彼女の魅力に引き寄せられ二人は恋に落ちる。まるで世界が二人だけのもののような掛け替えのない時間を共にするが、運命はそんな二人の幸福を長くは許さなかった。

古典的な話でありながら、それが気にならない作品となった最大の理由は、シンプルに作られたラブストーリーの完成度の高さにある。それは10年以上も経った現代の日本で、この作品のリメイクが作られようとした事実からみても理解きると思う。

ウィキペディア 『つきせぬ想い』
アマゾン 『つきせぬ想い』 [DVD]

【関連エントリー】
- 文化ブログ 凄い映画9 『恋におちたシェイクスピア』 はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄い映画6 『フェイス/オフ』 はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄いマンガ8 グレゴリ青山『しぶちん京都』 はてなブックマーク数
- 文化ブログ はてなブックマーク数
- 文化ブログ 凄いマンガ6 『健太やります!』 はてなブックマーク数
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い映画10 『つきせぬ想い』

Tag : 映画 香港 ラブストーリー 古典 音楽

凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』

 映画や書籍ともなったこの作品の最初のものであり、まだ生きていた彼女の声や息遣いを感じることができるるのが、アンコールも含め二度放映されたこのドキュメンタリー。過剰演出や周囲の雑音を知った後でも、生きたいと望みながら死んでいった一人の人間の姿は胸を打たずにはいられない。
花嫁2年前、偶然つけたテレビに映し出された一人の女性の闘病記。まだ幼さの残る彼女の身体に発症した乳がん。乳房の切除という若い女性には耐え難い手術をしても再発を防げなかった癌。若く活発であることが、癌の進行さえも早めてしまう現実。

再発がもたらした放射線や抗がん剤の治療の苦しみ。大切な髪の毛が抜けていく中、彼女が選んだことは、自らが生きる姿を映像として残しておくことだった。そこから始まる闘病のドキュメンタリー。これまでは当たり前であった生きることや、周囲の優しさが掛け替えのないものだと気づいた彼女の「もし生きれるのだったら凄い人になれるのに」という言葉が切ない。

あまりにも若く、まだたくさんの未来があるはずなのに、自分だけが向き合わなければならない生と死。家族や恋人に支えられながら、懸命に生きる彼女の姿は、ともすれば漫然と日々を送ってしまいがちな自分には申し訳なく思えて仕方なかった。病状が悪化していく中、それでも生きたいと望む彼女の思いが届けばとんなに良かったか。

体力を奪う癌の進行と競うように準備された恋人との模擬結婚式。夢だったウエデングドレスをまとった彼女の表情は、晴れやかで美しかった。しかし式を終えた彼女に残された時間はもう無かった。元気に見えた日々は過ぎ去り容態が急変。まるで風に吹かれた花のように命ははかなく散っていった。

この映像を見て以来、ずっと心に残り続けていたのは、生きていることの掛け替えのない素晴らしさ。彼女のお陰で知ることができたその事実も、いつしか心のどこかに置き忘れてしまっていた。そんな日々の中で再び出会った彼女の映像。癌に侵されながらも懸命に生きる彼女の姿に、愚かな自分でも、もっと日々を大切に生きなければと強く思った。



YouTube 余命1ヶ月の花嫁(1)中国語字幕付
TBS 『余命1ヶ月の花嫁』内容紹介
ウィキペディア 余命1ヶ月の花嫁

【関連記事】

凄い絵画5 三橋節子『三井の晩鐘』
凄い映画8 『バベル』
凄いイベント1 『みぽりんの絵てがみ展』
凄い本17 トリイ・ヘイデン『シーラという子』
凄い歴史1 『祇王と仏御前の話』平家物語1

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』

Tag : ドキュメンタリー 映画 闘病 YouTube テレビ 動画 ノンフィクション

凄い本19 黒田 恭史『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』

 映画『ブタがいた教室』の原作となったこの本。実際の授業として行われた際にはドキュメンタリーとして放映され、賛否両論を巻き起こした過去を持つ。しかし、軽率だったとしても、自分の問題として命の重さを考える機会となったことは紛れもない事実。
Pちゃん
今から15年前、大阪の小学校に赴任して来た新人教師が、食と命の問題を子供たちと考えるために、クラスで一匹の豚を飼ったことから話は始まる。当初の目的は育てた豚を分たちで食べることだったが、子供たちがその豚を「Pちゃん」と名づけたことから話は大きく変わっていく。

日頃、私たちが何気なく食べている食べ物の中に含まれた命。たとえば一匹の魚にも、一つの野菜にも含まれる命。そんな当たり前のことでありながら、その命の犠牲を感じることもなく毎日の食事に馴れてしまった私たち。当初はそんな現実に対する疑問から始まった授業は3年後、卒業間近の子供たちにより大きな問題を突きつける。

300キロにまで巨大化した「Pちゃん」をこれからどうするのか。可愛がってきた動物を自分たちの都合で殺してしまうのか。クラスの意見は2つに分かれ、正しい答えを見出せないまま子供たちは卒業の日を迎える。そして迎えた結末は決して誰もが納得のいくものではなかった。

そこには新人教師の軽率な思いつきから至った、子供たちの心を混乱させる出来事だったという批判を受けなけらばならない過ちがある。しかし同時に、授業という枠を超え他者の命や運命を勝手に握ることがいかに不遜なことなのかを肌身で知ったという事実もある。人が犯した過ちを責めるよりも、その過ちから多くを学ぶことがこの本が残した最も大きな教訓だろう。

アマゾン 『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』
当時の映像を紹介したYouTubeの動画(1)

【関連記事】
凄い絵本1 家族とは何かを教えてくれるジーン・ジオン『どろんこハリー』
凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』
凄い本17 トリイ・ヘイデン『シーラという子』
凄い音楽2 ナターシャ・グジーが歌う『いつも何度でも』
凄い映画4 『おくりびと』
凄いイベント1 『みぽりんの絵てがみ展』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄い映画8 『バベル』
凄い音楽1 平原綾香х岩崎ひろみ『Jupiter』(ジュピター)

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い本19 黒田 恭史『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』

Tag : 映画 原作 ドキュメンタリー YouTube 大阪 ノンフィクション

考察3 『今なぜアニメなのか』

 先日、京都で行われた『HISTORICA-越境するサムライ-』という時代劇のクロスメディアについてのイベント。その中で最も刺激的だったのが、アニメ『十兵衛ちゃん』と白黒の時代劇『十兵衛暗殺剣』を同時上映する企画。その二つの作品を見比べると、「今なぜアニメなのか」という問いに対する答えが見えてくる。
自由
村上隆さんの「スーパーフラット論」以降、マンガやアニメといったサブカルチャーが世界的に認められてきた現在、一体何がその背景にあるのかを個人的に考えていた。そして今回、アニメと時代劇の同時上映から見えてきたものは、スピード感というキーワードだった。

インターネットが急速に発達し、世界中の情報を一瞬にして得ることができる現在、日本のアニメ作品がそのネットワークを通じて世界中に広まっている。そのスピードはこれまで海外のテレビ局などを通じて放映されてきたものとは段違いで、日本で放映された翌日には字幕付の動画を見ることができる。

そんな時代の意識は、確実にこれまでの意識に変革をもたらす。その最たるものが物理的スピードに対する変化。これまで私たちは様々な手段によって、より早くより便利に生活できるよう文明を発達させてきた。その中で生み出された飛行機やテレビが、意識の中の世界を確実に小さなものとしてきた。
柳生
しかし、物理的身体を持つ意識は、その速度や移動に限界がある。それは白黒の時代劇『十兵衛暗殺剣』を見ても分かる。幾ら素晴らしい編集をしたとしても、実写映像には、物理的な人間の動きという限界があり、それを越えた動きはできない。

しかし、仮想空間に二次元情報として成立したアニメならば、物理的、現実的制約を受けることはほとんどない。それはちょうど、インターネット上で行き交う意識と似て、時間や空間にしばられることなく、自由にその仮想空間内を動き回ることができる。

アニメ『十兵衛ちゃん』の主人公も、巨大な氷河上での殺陣など、物理的制約にとらわれないスピード感で見るものを魅了する。物理的身体を持たない主人公の動きはスピーディ-で、実写映像に感じる物理的限界や動きの緩慢さを感じさせることはない。

インターネットで瞬時に情報を検索し、パソコンの立ち上がり時間にさえ遅さを感じるようになった現代。そんな私たちの速度に対する意識は、物理的制約を受けないアニメ世界の意識と感覚的に近い。そしてその感覚的近さが全世界にアニメが広がっている理由の1つだと思う。

(逆に実写の優れた点というものも今回の企画で見てきた。それは暴力や流血シーン、物理的重さを持った存在が対峙する緊張感といった点。痛みや恐怖などリアルがものを言うシーンではアニメは実写にはかなわない)

ウィキペディア 村上隆
ウィキペディア スーパーフラット
ウィキペディア 十兵衛ちゃん
ウィキペディア 十兵衛暗殺剣

【関連記事】
報告1 『押井守監督参加セミナー』
凄いアニメ3 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄いアニメ4 『東のエデン』
凄い本18 櫻井孝昌『アニメ文化外交』
凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』
凄いアニメ1 『涼宮ハルヒの憂鬱』
凄いアニメ5 『人狼 JIN-ROH』
凄いアニメ6 『化物語第12話ラスト5分』

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 考察3 『今なぜアニメなのか』

Tag : アニメ 映画 日本 時代劇 マンガ 世界 京都

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。