スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い本19 黒田 恭史『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』

 映画『ブタがいた教室』の原作となったこの本。実際の授業として行われた際にはドキュメンタリーとして放映され、賛否両論を巻き起こした過去を持つ。しかし、軽率だったとしても、自分の問題として命の重さを考える機会となったことは紛れもない事実。
Pちゃん
今から15年前、大阪の小学校に赴任して来た新人教師が、食と命の問題を子供たちと考えるために、クラスで一匹の豚を飼ったことから話は始まる。当初の目的は育てた豚を分たちで食べることだったが、子供たちがその豚を「Pちゃん」と名づけたことから話は大きく変わっていく。

日頃、私たちが何気なく食べている食べ物の中に含まれた命。たとえば一匹の魚にも、一つの野菜にも含まれる命。そんな当たり前のことでありながら、その命の犠牲を感じることもなく毎日の食事に馴れてしまった私たち。当初はそんな現実に対する疑問から始まった授業は3年後、卒業間近の子供たちにより大きな問題を突きつける。

300キロにまで巨大化した「Pちゃん」をこれからどうするのか。可愛がってきた動物を自分たちの都合で殺してしまうのか。クラスの意見は2つに分かれ、正しい答えを見出せないまま子供たちは卒業の日を迎える。そして迎えた結末は決して誰もが納得のいくものではなかった。

そこには新人教師の軽率な思いつきから至った、子供たちの心を混乱させる出来事だったという批判を受けなけらばならない過ちがある。しかし同時に、授業という枠を超え他者の命や運命を勝手に握ることがいかに不遜なことなのかを肌身で知ったという事実もある。人が犯した過ちを責めるよりも、その過ちから多くを学ぶことがこの本が残した最も大きな教訓だろう。

アマゾン 『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』
当時の映像を紹介したYouTubeの動画(1)

【関連記事】
凄い絵本1 家族とは何かを教えてくれるジーン・ジオン『どろんこハリー』
凄いテレビ4 『余命1ヶ月の花嫁』
凄い本17 トリイ・ヘイデン『シーラという子』
凄い音楽2 ナターシャ・グジーが歌う『いつも何度でも』
凄い映画4 『おくりびと』
凄いイベント1 『みぽりんの絵てがみ展』
凄い映画1 言葉にできない人生の哀しみ『めぐりあう時間たち』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄い映画8 『バベル』
凄い音楽1 平原綾香х岩崎ひろみ『Jupiter』(ジュピター)
スポンサーサイト

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い本19 黒田 恭史『豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日』

Tag : 映画 原作 ドキュメンタリー YouTube 大阪 ノンフィクション

凄い京都(大阪)13 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』

 秋と言えばワインとウイスキーを思い浮かべる今日この頃、折角なのでちょっと足を伸ばしてウイスキー蒸留所を訪ねてみてはいかがだろうか。木々に囲まれた大山崎の地で、ひっそりと熟成を重ねるウイスキイーを味わえば秋の静けさが一層心に響く。
サントリー山崎今ではすっかり焼酎ブームが定着し、嗜好品としてのウイスキーの価値も失われたように思える。しかし秋の静けさと独特の色合いにはウイスキーが似合うように思えてならない。

日本の国産ウイスキー発祥の地として知られる山崎蒸留所。その歴史は1923年(大正12年)まで遡る。当時「赤玉ポートワイン」を開発、販売に成功した壽屋(現在のサントリー)の創業者・鳥井信治郎がそこで得た資金をつぎ込んで取り組んだのが山崎蒸留所でのウイスキー事業。

6年の歳月の間には、大量の大麦を使用したことから、周辺住民に巨大な動物を飼っているのではという噂が立つなどたつなど、様々な苦労に見舞われながら本格国産ウいスキー『白札』を発売。しかし「醒(めざ)めよ人!舶来盲信の時代は去れり」と高らかにうたった商品は思うように売れなかった。

以後8年間、試行錯誤が繰り返され、日本人の味覚に合った「十二年もの」(のちの「角瓶」)を発売。これがヒットした結果、国産ウイスキー事業が軌道に乗り出した。現在では世界の五大ウイスキー産地として知られる日本。その原点は良質な水と霧の発生しやすい山裾に抱かれた山崎蒸留所にあった。

ちなみに山崎周辺には、現存する唯一の利休作の茶室として知られる妙喜庵(国宝の茶室・待庵※要予約)や、モネの『睡蓮』のコレクションで知られるアサヒビール大山崎山荘美術館など歴史や文化に関連した観光地が多く、かっては水無瀬離宮や大山崎の油座で栄えたこの地域を偲ばせる。

サントリー 山崎蒸留所(工場)へ行こう
ウィキペディア 鳥井信治郎
妙喜庵(茶室・待庵)のホームページ
アサヒビール大山崎山荘美術館

 【関連記事】
凄い京都13  『桂離宮と修学院』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い絵画8 藤田嗣治『サイパン島同胞臣節を完うす』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い中米1 メキシコ『イスラムヘーレス』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都(大阪)13 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』

Tag : 京都 大阪 グルメ 歴史 見学

凄い大阪3 『大阪造幣局・工場、博物館見学』

 「桜の通り抜け」で有名な大阪造幣局。しかしそれだけでなく、その内部だって凄い。身近な存在でありながら、意外と知らないお金(貨幣)の知識が大量に眠っている。
造幣局実は10世紀の中盤から家康が幕府を開くまで、日本では公式な貨幣が作られなかった。(その間は中国から輸入した宋銭、明銭を使用)そんな貨幣についての驚きの事実が大量に眠っているのが大阪造幣局博物館。

世界中から集めためずらしい貨幣や、秀吉が作った時価1億と言われる「天正菱大判」など国内外の貨幣4000点が展示されており、貨幣の歴史や貴重な展示物が見学できる。また展示室には文化勲章や紫綬褒章のメダルが陳列されており、それらも造幣局の制作物だと知ることができる。

カラス越しに見学できる貨幣の製造過程では、完全オートメーション化した生産ラインから次々と生み出される500円や10円を見ることができる。無機的な容器にたまっていくピカピカのお金を見ていると、ちょっと得した気分になれるから不思議。

予約が必要で決して気軽に見学できる訳ではないけれど、造幣局という硬い外見からは見えてこない面白い知識や意外な事実が学べる場所。そこは大量の貨幣だけでなく、大量の知識が眠っている宝の宝庫と言えるだろう。

ウィキペェイア 造幣局(日本)
独立行政法人 造幣局

 【関連記事】
凄い京都(大阪)12 『サントリー山崎蒸留所(工場)見学』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い京都2 泉屋博古館『中国青銅器コレクション』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』
凄い京都13  『桂離宮と修学院』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い京都15 南禅寺塔頭金地院『鶴亀の庭園』

テーマ : 大阪 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い大阪3 『大阪造幣局・工場、博物館見学』

Tag : 大阪 歴史 見学

凄い歴史2 『良港としての堺』

 古代から良港として海外の技術を導入し、先進文化を取り入れてきた堺。その気風は現在に至るまで途切れることなく、日本の通史を知る上で重要かつ興味深い都市。
仁徳天皇稜
堺が歴史上、「さか井」として登場してくるのは、平安期。しかしそれ以前から摂津、難波津などの良港との深い関わりから、渡来系土器・須恵器の生産や河内鋳物師で知られる鉄や銅の鋳造が行われてきた。その2つの技術無しでは語れないものが、現在まで残る大仙陵古墳(仁徳天皇稜)をはじめとした百舌鳥古墳群。巨大古墳を作る上で大きな助けとなった金属製の道具や古墳表面から多数出土した須恵器からその様子がうかがえる。

さらに竹内街道、長尾街道など五つの街道が交差する交通の要所として栄えたこの地は、南北朝期には南朝の外港的役割を担う港として発展。応仁の乱で京都や現在の神戸港にあたる大輪田泊が荒廃すると、琉球などを経由した海外貿易で急速に力をつけ、戦国時代には西洋人宣教師から「東洋のベニス」と称えられるほどの発展を見せる。

有力商人が集った会合衆という組織によって自治的に運営された堺は、織田信長によってその自治を奪われる。しかし権力との結びつきを強めたことで千利休や津田宗及らが茶人として名を馳せ、政治的にも影響力を持っようになる。技術面では刀の生産も行っていた鋳造技術を鉄砲の製造に活用。全国に知られる鉄砲の生産地となった。

江戸時代には、鎖国政策や大阪の発展、大和川の付け替えによる土砂の堆積により港としての役割は縮小。しかし、中世以前より伝えられてきた酒造技術により再び繁栄を取り戻すと、明治以降には現在のアサヒビールの前身であるビール会社・大阪麦酒や鉄砲製造の技術を自転車に生かし、さらに自転車の技術を釣具製作に結びつけたシマノなどの企業が生まれ発展を続けている。

古くは行基から千利休、与謝野晶子など文化面に於いても、受け継いだ伝統を生かしながら、新たなものを築いていく人々を輩出し続ける堺。その気風は海外に開かれた港として様々なものを取り入れてきた歴史が作り出すのだろう。
(写真は堺市にある大仙陵古墳)
ウィキペディア 堺市
堺観光コンペンション協会

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い歴史2 『良港としての堺』

Tag : 大阪 歴史 探求

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。