スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

凄い京都25 国宝・西本願寺『飛雲閣』

 京都市内に数多く残る秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝わる建造物。中でも最も華やかで、高貴な雰囲気を漂わせているのが西本願寺・飛雲閣。金閣、銀閣と共に「京都三閣」(高い構えの建物)の一つで国宝指定を受けたこの建物が11月8日(09年)に行われる「下京門前町ルネッサンス」の一環として無料公開される。
飛雲閣以前は申し込みさえすれば、時期に関係なく見学だできたこの建物も、最近では特別公開などの時期しか見れなくなってしまった。年に1、2度しかないそんな機会の一つとなったのが今回の「下京門前町ルネッサンス」。通常の拝観と同じく建物に入ることはできないが、日頃は高い壁に囲まれ見ることにできないこの建築を無料で見学できる。

滴翠園(てきすいえん)と名づけられた庭園の、池に面して建てられた建物は3層からなる楼閣で、各層が変化に富んでいる。初層は入母屋造で、内部には池から直接、船で出入りできる舟入の間や蒸し風呂式の浴室がある。中層は寄棟造で外の板戸には三十六歌仙が描かれており、歌仙の間という部屋がある。上層は宝玉造で摘星楼と名づけられた草庵風の茶室。

このように外観も内部構造も他では見れな変化に富んだ飛雲閣。寺院でありながら皇室や公家、さらには武家との深い関わりを持っていた西本願寺という大寺院を、象徴するかのような複雑かつ華やかな建物がそこにある。

本願寺(西)ホームページ 下京門前町ルネッサンス告知
ウィキペディア 西本願寺
ウィキペディア 聚楽第

 【関連記事】
凄い京都14  『桂離宮と修学院』
凄い奈良1 秋篠寺『技芸天』
凄い能1 『船弁慶』
凄い京都1 妙心寺法堂『狩野探幽筆・雲龍図』
報告5 行けなかった人のための『大徳寺本坊、高桐院・曝涼展』
凄い本15 桑原武夫『論語』
凄い奈良3 聖林寺『十一面観音像(国宝)』
凄い本8 詩情漂う傑作、シャン・サ『碁を打つ女』
凄い京都19 大徳寺高桐院茶室『松向軒』
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い京都10 草庵茶室『松花堂』
凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画』
凄い京都6 高台寺・圓徳院『北庭』
凄い京都7 豊国神社・狩野内膳筆『豊国祭礼図屏風』
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都25 国宝・西本願寺『飛雲閣』

Tag : 京都 建築 歴史 国宝

凄い奈良8 『興福寺北円堂・無著(むちゃく)菩薩像』

 京都や奈良の寺社仏閣では、観光客の増える春や秋の一時期に特別公開される寺院や仏像がある。そんな中でも迫真の写実表現で、見る者に深い感動を与えるのがこの仏像。静かな哀しみを秘めたその瞳で一体何を思うのか。
無著先ごろ行われた「国宝・阿修羅展」の阿修羅像を所蔵していることでも知られる興福寺。そんな境内の中で、日頃はひっそりと扉を閉ざしているのが北円堂。創建は藤原不比等(659-720)の一周忌にあたる養老5年。現存する建物は承元2年(1208)年頃に再建された国宝である。

春と秋の一時期にしか入れない堂内に足を踏み入れると、ひんやりとした空気の中でこの仏像に対面できる。5世紀頃、北インドで法相(ほっそう)教学の礎となる唯識を生み出した僧侶がモデル。すべての存在は空であり、個人の意識は幻であるという大胆な考えで以後の仏教に多大な影響を与えた人物。

唯識や空の問題に、自分なりの回答を見出すまではあまりの苦悩のために、死ぬことも考えたというその生き様。見下ろした視線を受け止めれば、見ている者にまで深い哀しみを誘うこの仏像。その瞳には無著、そして運慶の指導でこの仏像を制作したという運助の深い精神性が宿っている。
(ちなみに09年は10月17日から11月23日まで仮金堂に展示される阿修羅像や八部衆、十大弟子像と共に北円堂も開帳される。共通拝観券は一般1500円とちょっとした値段だが、正倉院展などに行かれた際にはぜひ立ち寄って欲しい。詳しくはこちら
興福寺ウェブサイト
ウィキペディア 無著
コトバンク 運助
ウィキペディア 興福寺

【関連記事】
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い奈良5 『法華寺庭園(国指定名勝)』
凄い大阪1 『歓心寺・如意輪観音像(国宝)』
凄い大阪2 『葛井寺(藤井寺)・十一面千手観音像(国宝)』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』
凄い滋賀2 渡岸寺観音堂(向源寺)『十一面観音像(国宝)』

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い奈良8 『興福寺北円堂・無著(むちゃく)菩薩像』

Tag : 奈良 京都 仏像 国宝 菩薩 歴史 寺社 鎌倉時代

凄い京都11 『大報恩寺(千本釈迦堂)大根炊き』

 京の師走の風物詩と言われる大根炊き。中でも有名なのがこのお寺。12月7、8日のその日には境内は溢れるほどの人でごった返す。1椀1000円と聞けばちょっとためらう価格だが、その味は再現できないほどの美味しさ。
千本釈迦堂洛中最古の建造物として国宝指定を受けている本堂だが、大根炊きを目当てに来た人の眼中にはない。本堂前に設置された大鍋の中で煮える大根は、寒さの中列を作る人々の食欲をそそる。

揚げと共に白い湯気を上げる大根は十分に味が染み、揚げと見分けがつかぬほど。箸で通せば手応えもなく切り分けられる。これを食べれば中風など諸病除けになるというその味は絶品。この味の秘密をどんなに知りたいと思ったことか。

鎌倉時代、この寺の慈禅という僧が始めたこの行事。息災祈願をした大根を味わうという庶民的風習が脈々と続くその凄さ。家庭では再現できないその味の、隠された秘密もそんなところにあるのかもしれない。
(写真は国宝の本堂)
ウィキペデア 大報恩寺(千本釈迦堂)
ウィキペデア 大根炊き

【関連記事】
凄い京都13 『桂離宮と修学院』
凄い京都16 地獄に最も近い場所『千本ゑんま堂(千本えんま堂)』
凄い京都14 『大徳寺塔頭・高桐院』
凄い京都5 本法寺・長谷川等伯『涅槃図』
凄い中米1 メキシコ『イスラムヘーレス』
凄い京都3 冥界の入り口『六道珍皇寺』
凄い奈良2 『東大寺三月堂・内陣仏像群(国宝12体)』
凄い京都4 東寺講堂内『立体曼荼羅』

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都11 『大報恩寺(千本釈迦堂)大根炊き』

Tag : 京都 歴史 グルメ 国宝 鎌倉時代

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。