スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

考察3 『今なぜアニメなのか』

 先日、京都で行われた『HISTORICA-越境するサムライ-』という時代劇のクロスメディアについてのイベント。その中で最も刺激的だったのが、アニメ『十兵衛ちゃん』と白黒の時代劇『十兵衛暗殺剣』を同時上映する企画。その二つの作品を見比べると、「今なぜアニメなのか」という問いに対する答えが見えてくる。
自由
村上隆さんの「スーパーフラット論」以降、マンガやアニメといったサブカルチャーが世界的に認められてきた現在、一体何がその背景にあるのかを個人的に考えていた。そして今回、アニメと時代劇の同時上映から見えてきたものは、スピード感というキーワードだった。

インターネットが急速に発達し、世界中の情報を一瞬にして得ることができる現在、日本のアニメ作品がそのネットワークを通じて世界中に広まっている。そのスピードはこれまで海外のテレビ局などを通じて放映されてきたものとは段違いで、日本で放映された翌日には字幕付の動画を見ることができる。

そんな時代の意識は、確実にこれまでの意識に変革をもたらす。その最たるものが物理的スピードに対する変化。これまで私たちは様々な手段によって、より早くより便利に生活できるよう文明を発達させてきた。その中で生み出された飛行機やテレビが、意識の中の世界を確実に小さなものとしてきた。
柳生
しかし、物理的身体を持つ意識は、その速度や移動に限界がある。それは白黒の時代劇『十兵衛暗殺剣』を見ても分かる。幾ら素晴らしい編集をしたとしても、実写映像には、物理的な人間の動きという限界があり、それを越えた動きはできない。

しかし、仮想空間に二次元情報として成立したアニメならば、物理的、現実的制約を受けることはほとんどない。それはちょうど、インターネット上で行き交う意識と似て、時間や空間にしばられることなく、自由にその仮想空間内を動き回ることができる。

アニメ『十兵衛ちゃん』の主人公も、巨大な氷河上での殺陣など、物理的制約にとらわれないスピード感で見るものを魅了する。物理的身体を持たない主人公の動きはスピーディ-で、実写映像に感じる物理的限界や動きの緩慢さを感じさせることはない。

インターネットで瞬時に情報を検索し、パソコンの立ち上がり時間にさえ遅さを感じるようになった現代。そんな私たちの速度に対する意識は、物理的制約を受けないアニメ世界の意識と感覚的に近い。そしてその感覚的近さが全世界にアニメが広がっている理由の1つだと思う。

(逆に実写の優れた点というものも今回の企画で見てきた。それは暴力や流血シーン、物理的重さを持った存在が対峙する緊張感といった点。痛みや恐怖などリアルがものを言うシーンではアニメは実写にはかなわない)

ウィキペディア 村上隆
ウィキペディア スーパーフラット
ウィキペディア 十兵衛ちゃん
ウィキペディア 十兵衛暗殺剣

【関連記事】
報告1 『押井守監督参加セミナー』
凄いアニメ3 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄いアニメ4 『東のエデン』
凄い本18 櫻井孝昌『アニメ文化外交』
凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』
凄いアニメ1 『涼宮ハルヒの憂鬱』
凄いアニメ5 『人狼 JIN-ROH』
凄いアニメ6 『化物語第12話ラスト5分』
スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 考察3 『今なぜアニメなのか』

Tag : アニメ 映画 日本 時代劇 マンガ 世界 京都

凄いマンガ7 『健太やります!』

 絵も好みではないし、バレーボールも好きではないのに、ついつい読んでしまうのがこの漫画。困難を乗り越えて成長してゆく主人公に素直に感情移入できるのが最大の魅力。
健太やります
テレビアニメにもなった野球漫画『MAJOR(メジャー)』の作者・満田拓也さんのもう一つの代表作。弱小バレーボールチームが努力と根性で県内最強チームに戦いを挑んでゆく王道スポ根マンガ。

今さらスポ根もないだろうという気もするが、真面目でひたむきな主人公が「打倒・誠陵」を目標にチームメイトと成長していく姿に感情を揺さぶられる。笑いの要素も交えながら、あくまで等身大の登場人物たちの汗と涙が清々しい。

背の低い主人公が全編で見せる粘りのレシーブ力が大逆転につながるこの作品。そこが魅力にはずなのに、最終話ではその設定裏切るラストシーンがファンの間では語り草となっている。決して『MAJOR』ほど巧い作品ではないが、この作品には『MAJOR』へ引き継がれてゆく全ての要素が詰まっている。

ウィキペディア 健太やります!
ウィキペディア 満田拓也
アマゾン 『健太やります!』 (1) (小学館文庫)

【関連記事】
凄いマンガ5 藤子・不二雄A『まんが道』

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いマンガ7 『健太やります!』

Tag : マンガ

凄いマンガ6 近藤ようこ『水鏡綺譚』

 まるで白昼夢のような現実感覚の乏しい物語なのだけれど、その印象はいつまでも胸に残る。主人公やヒロインの一挙手一投足に不思議な懐かしさを覚える作品。
水鏡綺譚『今昔物語』を下地にしたような中世日本が舞台の連作短編集。旅をする主人公が、記憶を失くした少女と出会い、彼女を故郷まで送り届ける道中が描かれている。

それぞれの短編が作り出す世界は決して大きな世界ではない。しかし、そこに登場する人物たちは動物から魔物まで多岐にわたり、不思議な因果で結ばれた物語に広がりをもたらす。

宗教説話的味わいを持つこの物語は、心の奥に静かに染み込み、淡くせつない印象をいつまでも残し続ける。そこには善悪や時間を超越したものや生き物に対する独特の眼差しがある。

連載が打ち切られ、12年の歳月の後に描かれた最終章。ヒロインはついに故郷へ辿り着き、主人公との旅が終わる。過去の記憶を取り戻すため、旅の記憶を失うヒロインと主人公の別れが胸を打つ。

ウィキペディア 近藤ようこ
アマゾン 『水鏡綺譚』

【関連記事】
凄いマンガ1 岡崎京子 『冷蔵庫女』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄いアニメ4 『東のエデン』
凄いアニメ6 『化物語第12話ラスト5分』
凄い戯曲2 松本大洋著『メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス』
凄いアニメ1 『涼宮ハルヒの憂鬱』
凄いアニメ2 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
凄いアニメ3 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』
凄いアニメ5 『人狼 JIN-ROH』

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いマンガ6 近藤ようこ『水鏡綺譚』

Tag : マンガ 秀作 古典

凄いマンガ5 藤子不二雄A『まんが道』

 2人の若者がまだ未知のマンガという世界に出会い、その世界で羽ばたいていくまでの物語。藤子不二雄ファンだけでなく、何かを夢見る若い世代に読んでほしい一冊。
まんが道『ドラえもん』や『オバQ』など、日本人なら誰でも知ってる国民的マンガを世に送り出してきた藤子不二雄。彼らの少年時代から漫画家として成長していくまでを藤子不二雄Aの視点から描いた半自伝的作品。

彼らが漫画家を志した経緯から、コンビを結成し、デビューするまでの二人しか知りえない出来事が当事者の手により作品化されたことがまず嬉しい。それだけでなく、伝説の「トキワ荘」時代、漫画というジャンルに集ってきた若者たちの持つ夢と情熱がひしひしと伝わってくるのも嬉しい。

現在では日本を代表する文化として知られるマンガやアニメの起源をたどれば、そのほとんどが手塚治虫と藤子不二雄をはじめとする「トキワ荘」の面々に行き着く。そんな彼らがどんな思いで「まんが道」を進み、どんな青春を送ったかをこの作品が教えてくれる。

ウィキペディア まんが道
ウィキペディア 藤子不二雄
アマゾン 『まんが道』 (1) (中公文庫―コミック版)

【関連記事】
凄いマンガ2 手塚治虫『W3(ワンダー3)』

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄いマンガ5 藤子不二雄A『まんが道』

Tag : マンガ 手塚治虫

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。