スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - スポンサーサイト

模索するアートの現場、または世界と繋がる感性

 一度観て、その良さを全く見抜けなかったものの中に、実は模索や実験の成果が込められている。12月18日に児玉画廊(Kodama Gallery)京都で行われたイグノア・ユア・パースペクティブ10のトークセッション「美術の新潮流?その解釈と論理の構築を目指す為の意見交換」というイベントは、今の京都の、そして3名の若手作家の内面の隘路を通り抜けた先にある、世界のアートシーンとの共通項を感じることができた極めて刺激的なイベントだった。あまりの先進性に上手く整理がつかなかったこのイベントを今さらながら紹介したい。児玉ギャラリー外観1

壁にかけられた透明なレインコートのようなものを当り前のように「これはつばめです」と言われた時はさすがに言葉を失った。12月25日まで開催中の3人の展示作家中、唯一の女性作家・和田真由子がそう告げた時、会場にいた30名ほどの聴衆のほとんどは、そう思ったのではないだろうか。すでに彼女の作風を知っている人は別にして、少なくとも一度作品を観て、何も見て取れなかった自分には、もしかして彼女はちょっと常軌を逸してるのかと思ってしまった。

しかしその後、微妙に分かりづらいながらも、「どういう風に出力するのか、理想に近いかを考えていく中で、背景はいらないというのがあって、絵の要素をを試す場として立体を作っている」という説明を交えて解説されていくと、そこにはストンと腑に落ちていく妙な説得力があった。最初に作品紹介をした関口正浩のジャマイカの国旗のような作品も、画面は皮膜状に加工した油絵の具を貼り付けて構成したものだと聞き、「直接筆で描いていくのが怖いというのがあって、何とか間接的にキャンバスに触れられないかというのがあって」と言われると、その手法の面白さと手数の少なさが意味性を帯びてくる。児玉ギャラリー展示画像1

最後の説明者となった貴志真生也に至っては、チープな素材を使った大型のインスタレーションの2つとも、その意味はよく分からないのだが、「観てもらった人に何かを伝えたい訳じゃなくて、大学で研究計画書を書かなければならない中、書いた言葉が作品に反映されず、内実が伴ってないことが苦痛だった」という過去を説明。直前に迫った卒業制作の期限に対応した、「大したものはできないから今ある材料で作ろう」という吹っ切れた状態が、「普段作品を作るにあたってのルールがすっぽ抜け、衝動と切実の直線ルートができあがってこういうものができた」と現在のスタイルが生まれた経緯を語った。

今回のトークセッションの進行を務めた中西博之(国立国際美術館学芸員)は彼らの制作へのそれぞれのアプローチを、「既存の枠組みに距離を置き、思考実験の段階よりは先に行っている」と的確な言葉で評価。作家たちの感覚的な言葉や作品から聴衆に届く言葉を引き出していく姿勢にはかなり好感が持てた。しかし、和田の「自分の持っているものを人に見せるために物質に体を与えたい」とか、貴志の「作品と見えなかったらゴミに見えるぐらいがちょうどいい」というような、これまでの作品定義とは異なる制作姿勢に対しては、具体的な言葉を引き出すことに苦戦。そこからトークが発展していくようにと聴衆からの質問を募った。児玉ギャラリー展示画像2

最初の質問者が、「なぜ今言葉にできない内面的な何かを作品化することに真摯に向き合っているのか?」という質問をすると、関口は「心的なもの以外にも、自分の体を基準とした構築的なものを作っていて、美大とかの学生が作っているものも自分の体をスケールにしたものが多い。みんな身体的なものが欲しいという気がしている」と回答。和田は「ビジョンじゃなく、プロセスを目指してやっている。こういうのが見たいと思って作っていると思うけど、そこが一番大事ではない」。貴志は「ルール作りができているのかなというのは思う。なぜそうなるのかを追求していきたい」と答えた。

3名の作家たちは、それぞれ「身体」、「プロセス」、「ルール」というキーワードを用いて、自己の感性に忠実に、既存の制作の「プロセス」を疑い、「身体」的な感覚を優先した新たな「ルール」を模索する挑戦を行っているのだと理解できた。そのあまりの革新性に、次の質問者も無かった中、会場に居合わせた「清水さん」という人物に話が振られた。その「清水さん」という人物は、後で聞くと同志社大学で教鞭を取り、写真新世紀などの審査員も勤める「清水穣」という人物らしく、「最初の印象は旬だなと思いました」という感想を述べ、話し始めた。永遠に女性的なる現代美術

「2010年のバーセルでは面白いシフトが起きていて、1995年から2007年の水戸芸で展示されたマイクロポップや、中国の超絶技巧の作品が見事に消えて、ポスト・コンセプチュアル、オルタナティブ・モダンといった1910年~30年の抽象絵画の起こりのような時代に作家たちが戻った。フレームとコラージュという2大キーワードが流行となっていて、反動的なモダン、モダニズムというものを刈り取った後に生えてきた余波的な現在を今回の作品もよく表している。大昔の蓮の種を発掘して花開かせるように、1910年ぐらいにあった遺伝子を2010年という土壌の中でどう培養するかという意味ではロンドンやニューヨークと共振している」と語った。

今後の課題についても10年後を見据えるべきだと提案し締め括った「清水さん」の話は、海外の事情を知ることが少ない作家であっても、時代の空気を感じながら自己の制作に真摯に向き合えば、結果的に世界の動向とリンクした状況を作り出せる可能性を示唆した点でも興味深かった。瀬戸内国際芸術祭からカオスラウンジをはじめとしたネット周辺の動きまで、様々なものがつながり、連動しはじめた2010年のアートシーンの動きは、結局のところ、より「身体」性や自己の「感性」に適した、新たな「ルール」を模索する人々が、「社会」の表面に姿を見せ始めたことの表れなのだと思う。自己の「感性」や制作の「プロセス」に真摯に向き合う若い作家たちのように、我々も既存の価値観を疑い、新たな「ルール」を模索し、その成果を果敢に提示していく時期にきているのだと思う。

児玉ギャラリー(Kodama Gallery)のウェブサイト
ウィキペディア インスタレーション
ウィキペディア 清水穣
ウィキペディア コンセプチュアル・アート
アマゾン 清水穣著『永遠に女性的なる現代美術』(知の蔵書21)

【関連記事】
ニコニコ生放送「村上隆の芸術闘争論2」における森川嘉一郎さんの実力
ウィリアム・ケントリッジさんの京都賞記念ワークショップに見る「知識人」の限界
「では村上隆さんの何が凄いのか・フィギュア編」~『芸術闘争論』トークショー@大阪を聴いて~
「更新されゆくリアリティー」~鈴木謙介さんが参加した京大11月祭公開討論「いま、大学で<学問>することの意味」を聴いて~
「場所の精霊に尋ねよ」~地域アートフェスティバルの先駆者、芹沢高志さんの講義を聴いて~
「ヤセ犬の気概」~アーティスト藤浩志さんの根幹~
「自分を超える作品を!」~森村泰昌さん徹底討論「清聴せよ!成長せよ!」を聴いて~
「悲劇が残していったもの」~「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」ジョナサン・トーゴヴニク写真展を観て~
「自分にとっての物語」~福嶋亮大さんが参加した「ネット社会の物語と『観客』」というトークを聴いて~
「極めて優れたビエンナーレ」~BIWAKOビエンナーレ2010を巡って~
楽しすぎ!「見っけ!このはな2010」~大阪で開催の2日間限定アートイベントを巡って~
凄すぎる!村上隆さんの本気in台湾
「なぜ青木美歌さんはBIWAKOビエンナーレであれほどの作品を創れたのか」
スポンサーサイト
この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 模索するアートの現場、または世界と繋がる感性

Tag : ギャラリー トークショー 講演

凄い京都23 児玉ギャラリー『田中秀和「連続の要因」』

 分かりにくい絵画の代名詞とも言える抽象画やアクション・ペインテング。古い価値観からの開放をもたらしたことは高く評価されるが、その分だけ現代美術を複雑にしたようにも思える。そんな技法に、思索と時間的概念を取り入れ、新たな挑戦を行っているのが田中秀和。今回の「連続の要因」展では勢いと色彩と抑制の3つが画面上でせめぎ合い、新たな可能性を感じさせる。
田中秀和展大学でデザインを専攻していた田中が抽象画を選んだのは、描く対象よりも、描く中から生まれてくる形やリズムに興味を覚えたからだという。以来、過去の記憶の断片や以前の作品から抽出した線を用い、即興的でありながら、思索的抑制を利かせた作品を作ってきた。

「連続の要因」と名づけられた今回の個展では、大画面を用いたことで力強いリズムが生まれ、その結果、色彩や抑制にも抜けるような広がりがもたらされた。制作中は時間の概念を作品に込めようと試行錯誤を繰り返したが、一本の線にも時間が表現されていることに気づくと、それまでの迷が吹っ切れ、制作に打ち込めたという。

展示作品の中でもスキージというへらを使い、シンプルな色彩で伸びやかに描いた作品に優れたバランス感覚が見受けられた。偶発的な要素や勢いも取り入れた、意識と偶然性とのせめぎあいが魅力なだけに、全てが期待どうりとはいかないが、だからこそそこには大きな可能性が感じられる。

児玉ギャラリーウェブサイト

 【関連記事】
凄い京都21 『蜷川実花「FLOWER ADDICT」×ジョン・ウィドマン「Relaxation Sensation」』
凄い絵画9 草間彌生(弥生)「ニューヨークで製作した『網目』作品」
凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』
凄い奈良9 『圧倒的!第61回正倉院展(2009)感想~より分かり易い見方~』前編
凄い奈良10 『圧倒的!第61回正倉院展感想~より分かり易い見方~』後編
凄い奈良11 仏像の流れを学ぶ『奈良国立博物館・平常展』
報告1 『押井守監督参加セミナー』
凄い絵画8 藤田嗣治『サイパン島同胞臣節を完うす』
報告2 『大徳寺曝涼展の牧谿(もっけい)がいかに凄かったか』

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都23 児玉ギャラリー『田中秀和「連続の要因」』

Tag : 現代美術 ギャラリー

凄い京都18 児玉ギャラリー『イグノア・ユア・パースペクティブ8展』

 以前から気にはなっていたものの、なかなか足を運ぶ機会がなかった現代美術のギャラリー。昨年秋頃から東京のギャラリーが京都に進出するなど動きが見られるこの分野。それを理解するために行った幾つかのギャラリーは噂に違わず静かな熱気に満ちていた。
児玉画廊
これまでにも三条寺町近辺の古いタイプの画廊には、時折足を運び同時代の作家の作品に目を通してきた。しかし昨年の秋頃から東京に本拠地を置く、「小山登美夫ギャラリー」や「タカ・イシイギャラリー」などが京都にもギャラリーを開くなど新たな動きが起きている。

そんな京都のギャラリー事情を知るために、今回巡ったのは小山登美夫ギャラリーの「ヴァルダ・カイヴァーノ展」と「桑田卓郎展」。さらに児玉ギャラリーの「イグノア・ユア・パースペクティブ8展」とイムラアートギャラリーの「ZAnPon Exhibition展」。それぞれにギャラリーの特徴が出ていて興味深かったが、中でも凄かった児玉ギャラリーの「イグノア・ユア・パースペクティブ8展」。

大阪と東京にギャラリーを持つ児玉画廊は、昨年10月に大阪のギャラリーを扱っている作家の多い京都に移転。それも京都駅から南へ行った、およそ芸術とは縁のなさそうな十条通りに面した元鋳物工場の建物を利用。外観からはまさかここが現代美術のギャラリーとは思えないが、一歩足を踏み入れるとそこはまぎれもなく現代美術の空気が漂う空間。

今回展示された作品は児玉画廊が取り扱う日本の若手アーティストたちの作品で、そのどれもが荒削りでありながら、幾つかの作家の作品は見る者の心にしっかりとひっかかりを残す。特に黒い用紙に偶然に生まれる色のラインで詩的な世界を生み出した西森瑛一。実体を持たないパステルの影が現代人のアイデンティティの無さを表現したような鷹取雅一などの刺激的な作品に出会うことができる。
三家
2階では「Kodama Gallery Project」としてギャラリー一押しの作家・三家俊彦の作品が展示されており、300体以上のアルミホイルで作られた騎士が立ち並ぶオブジェはまるで三国志や戦国時代の戦闘シーンを再現したよう。その独自の発想やゲームの感覚を取り入れた作品に新しさを感じさせる。

しかしこの展覧会、何よりも驚いたのは、若手作家たちの作品から伝わる素材や発想に対する柔軟さ。以前の日本の作家たちに感じられた創作の苦しみや観念的な重さなど微塵も無く、作品製作を楽しみながら自由に芸術に取り組む姿が伝わってくる。

また、こんな辺鄙な場所のギャラリーなのに、芸術やアートに感心を持つ若い世代の鑑賞者たちが途切れることなく訪れることにも驚かされた。少し前までは敷居の高かった現代美術やギャラリーが、若い世代には身近なものとして存在していることが、このギャラリーを訪れたことで理解できた。
(ちなみに「イグノア・ユア・パースペクティブ8展」は10月10日で終了。17日からは、田中秀和個展
「連続の要因」が開催される)

児玉ギャラリー京都
小山登美夫ギャラリー京都
イムラアートギャラリー

 【関連記事】
凄い絵画9 草間彌生(弥生)「ニューヨークで製作した『網目』作品」
凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』
凄い人 『三池崇史監督』
凄い演劇2 劇集団Qプロデュース公演『幸せ最高ありがとうマジで!』
凄いアニメ4 『東のエデン』
凄いマンガ6 近藤ようこ『水鏡綺譚』
凄い本18 櫻井孝昌『アニメ文化外交』

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都18 児玉ギャラリー『イグノア・ユア・パースペクティブ8展』

Tag : ギャラリー 現代美術 アート

凄い京都20 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w『下出和美展、岡山愛美展』

 先日紹介した児玉ギャラリーの『イグノア・ユア・パースペクティブ8展』 以来、すっかり現代美術の楽しさに魅了され、再び巡った新たなギャラリー。そこには女性的感覚を頼りに、独自の世界を表現する二人のアーティストの作品群があった。
下出作品
今回訪れたMATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w(マツオ メグミ+ボイス ギャラリー)も、通りから見ただけでは気づかずに、通り過ぎてしまうような目立たない場所にある。京都駅八条口から南東に10分ほど歩いたところにある山王小学校の、先向かいのビルにあるそのギャラリー。入った瞬間に目につくのが、下出和美の『燃える手で』。巨大なキャンバスに黒とオレンジで描かれた2人の女の子。周辺にはサッカーボールや鳥たちが散らばっている。

今回の展示『彼らが大地になる時』の16点作品のほとんどに描かれた、幼い少女の落書きのような女の子。一見何てことない絵だが、その鮮やかな色使いと、ためらいの無い感覚的表現は、大画面迫力と合わさり爽快感すら感じさせる。そこに描かれたものたちの、意味するところは理解できないが、作者の身近なものたちによって生み出された独自の世界は、そんな理解を突き抜ける力をもっている。

従来の概念にとらわれず、自らの書きたいこと、今自分が表現できることを背伸びもせず、また萎縮もせず表現できていることが、何よりの魅力である作品群。下手な解釈などせず、描かれた少女に導かれ、色や模様が作り出す独自の世界を旅できる。
岡山作品
一方、下出作品とは対照的に静かな色使いと光を使った表現で淡い感覚を提示する岡山愛美の作品群。水に溶けたような色合いの絵画や、夕日を受けシルエットとなった枯れ草の写真。その上にガラスの粒を吹きかけた作品は、淡い輝きを放ちながらどこかせつない感情を呼び起こす。

またプロジェクターを使って表現された2つの映像作品は、過去を背負った懐かしいものと光の輝き。思うようには焦点を結ばないレンズの動きによって生み出されるもどかしさなど、多重的にイメージを重ね合わせ見る者の心に働きかける。言葉にできない感覚を絵や写真、映像と手段を選ばず表現できる手腕。その鋭さは理解を深めていくほどに興味を増す。

今回の2つの作品展、共に80年代生まれの若い女性がその作者。彼女たちの作品群は、表現手法や訴える感覚こそ違え、極めて鋭い感覚で今という時代が鮮やかに切り取られているという点で極めて興味深かった。
(下出和美個展『彼らが大地になる時』は09年11月7日(土)まで。岡山愛美個展“smoke and mirrors”は09年10月25日(日)まで共にMATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/wで開催中)

下出和美のこれまでの作品
MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/wホームページ

 【関連記事】
凄い絵画9 草間彌生(弥生)「ニューヨークで製作した『網目』作品」
凄い絵画3 ホイッスラー『 灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像』
凄いアニメ7 『秒速5センチメートル』
凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』
凄い絵画5 三橋節子『三井の晩鐘』
凄い絵画1 大原美術館・モネ『睡蓮』
凄い絵画10 中村岳陵『四天王寺金堂障壁画』

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い京都20 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w『下出和美展、岡山愛美展』

Tag : アート ギャラリー 現代美術

凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』

 この人が村上隆や奈良美智を世に送り出した人だとは知らなかった。ただで言っている言葉の中に、ひどく真っ当な批判精神と、美術に対する深い愛情があった。たった10分の映像にそんな思いを凝縮できるこの人を凄いと思った。
小山登美夫美術に対する愛情なら、そこらの人には負けないと自負している。しかし現代美術は、村上隆さんまでしか美術史的理解ができていない。その先に広がったまだ海のものとも山のものともつかない世代の美術については、好き嫌いはあるが正確な評価をできないでいる。

小山登美夫ギャラリーを運営する小山さんは、村上さんや奈良さんがまだ海のものとも山のものともつかなかった時代に、彼らの作品を紹介してきた、言わば現代美術の「目利き」だ。そんな彼が語る「クールジャパンの行方」は、自身の見る目を養う必要性を説く。

他人の意見に頼ることなく、自身の目や価値観で物事を見極める。そんな経験の積み重ねが過去の歴史や価値を理解し、その先に新しい価値観を作り出す。それは決して美術分野に限ったことでなく、我々一人ひとりが達成しなければならない課題である。未来をより良いものにするためには必要不可欠なスキルなのだ。


(写真は小山さんの著書『現代アートビジネス 』)
YouTube 視点・論点『クールジャパンの行方』
蜷川実花×ギャラリータグボート・小山登美夫プロフィール
アマゾン 『現代アートビジネス 』(アスキー新書 61)

【関連記事】
報告1 『押井守監督参加セミナー』

テーマ : 動画 - ジャンル : コンピュータ

この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 凄い動画7 『小山登美夫「クールジャパンの行方」』

Tag : 日本 美術 アート 現代美術 京都 YouTube ギャラリー

プロフィール

阿部和璧

Author:阿部和璧
現代アートを中心とした美術関係について書くライターをやっています。2011年8月より東京に拠点を移し、現在は都内の地域アートプロジェクトのリサーチの仕事などをさせていただいてます。世の中にある凄いもの、面白いものに興味があり、そんなものたちについてみなさんと話し合ってみたいと思います。
連絡先はメールabekaheki@gmail.com
またはお問合せtwitterまで。

全記事表示リンク
全ての記事へのリンク(ジャンル別)

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

京都 歴史 アニメ 映画 秀作 動画 日本 美術 洋画 古典 講演 現代美術 傑作 ギャラリー  YouTube 舞台 京大 建築 江戸時代 探求 イベント マンガ 庭園 大阪 寺社 寺院 物理 宇宙 アート 監督 紅葉 美術展 ラブストーリー 奈良 国宝 ノンフィクション グルメ フランス 見学 時代劇 アクション 音楽 ドキュメンタリー  タイトル 世界  歌舞伎 押井守 仏像 攻殻機動隊  涼宮ハルヒ I.G 神山健治 くせになる 悲劇 博物館 鎌倉時代 東京 Production Youtube 解説 戯曲 魔術 リアル 詩情  前衛 広島 芸術 化物語  戦争 菩薩 お寺 離宮 仙人 茶室 医療 西洋美術 個展 香港 デザイン 皇室 絵画 邦画 テレビ 枕草子 漢詩 闘病 原作 宮崎駿 旅行 長谷川等伯 IG シェイクスピア 講演会 滋賀 トークショー 狩野探幽 海外文学 出会い 洋楽 日本画  祭り 荒唐無稽 中国 ジャンル   ニコニコ 二次制作 報告 肖像画 和歌 探求京大 思想 ヨーロッパ 印象派 ゲーム 手塚治虫 笑い 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。